FC2ブログ

ソウルキャリバー6日記

シュバルツ・シュトロームのデクスター・パーピュア
アイヴィー
やばいカッコいい


・遠距離
基本は下段投げで、何かちょっとした横ステップに掛かるしガードされてもリスクないので撃ちまくる

ランには66[A]2段目でリーサルのコンボ

これの対策が前に出てガードなので、目の前で相手がガードした時のターンでしたい事がコマ投げとかなんだけど難しくて出ない
1AAとかやろう


・接近された
6AA、236B、3Kの使い分けで大体行ける
五分っぽかったら取り敢えず6AA


・不利フレーム
しゃがんで1B、3K暴れ、リバーサルエッジ、ゲージ使う、縦で来るなら22_88[B]


・近距離攻め
22Kor中段
中段択は色々聞いてみたけど、鉄拳みたいな反確なしコンボ始動はないみたい。要勉強


・反確
アッパー系にはAA
しゃがんだら1Bだけどカス当たりも多い。遠い時は立ち途中B?


・やること
走って立ちガードに対して何か崩し系行動をする
適当にAボタン押さずに3Kで暴れる
ガード中に適当にボタンを押しとく。4に入れる癖を直す
勝ち筋見えてない時はクリティカルエッジじゃなくてソウルチャージをぱなす
トレモはコマ投げの練習
スポンサーサイト

「RAGE Shadowverse 十禍絶傑」「りょなけっと10、ころけっと」日記

・RAGE

4-2 Day1落ち。

ATCのみんなにヒントをもらって、ロイヤルが最強だって分かって、最後までロイヤルに強いデッキを探してヴァンプとドラを持ち込んだ。

環境の把握は殆ど合っていたが、そこでロイヤルとネメシスは練度が低いので使うのは諦める、という判断のせいで結果的にばっちりなデッキにはならなかった。

後悔はないけど、使えないからという理由で切るのは効率悪いかもなーと思うなど。

RAGEは短期決戦なので、練度よりもデッキ選択に重きを置いてみようかな。と思いました。


大会運営は押してたのがちょっと残念だったけど、紙の大会に比べれば格段に分かりやすいし楽だなーと思いました。

スマホ所持が前提なのでアプリでプッシュ通知が可能なこと、入る情報がシンプルな所が良かった。

格ゲーで使われてるsmash.ggは機能がやたら多くて分かり辛いところがBADなので…





---------------------




・りょなけっと10

開場直前に行ったら想像の2.5倍位人がいてビビりあげた。スタッフもビビってた。界隈の高まりを感じる。

女子高生四肢切断ボードゲーム「Dismember」買えた。

ゲームとしてはチキンレース系なんだけど、この手のゲーム何を求めて買うかって、雰囲気ですよね。面白いゲームやりたきゃ格ゲーやっときゃええねん。(当社比)

次回作がそろそろ出るとの事で期待。


大人気廊下まで列伸びてたいじめっ子合同、めっっちゃ良かった。

このジャンル、合同誌が本当に強い。


で、次で終わるかと思われたりょなけっと、まさかの氏賀大先生含む神様方のご尽力で「ころけっと」なるものが開催される模様。

そしてそして、第一回ころけっとではあのさよならを教えてのスタッフが来て何やかんやするらしい。自分はさよ教のファンでは全くないのだが、名前と伝説くらいは知っている。何というか…凄いですね…?もっと人来るんか…?


・リョナは印象よりも領域が広い

ここまで約1名くらいの方が読んでくださってると思うんですが、リョナってエログロを掘り下げたニッチな分野だらけではなくて、範囲がそこそこ広い。

女の子がグシャーってなるのは勿論あるけど、こないだ買ったSF世界で315プロのアイドルをモチーフにした人型食材を食べるのもリョナだし、貧しい家族に生まれて生活が苦しい女の子が恩返しのために闇医者で腎臓を売ったら生活が貧しいのは自分の臓器にお金がかかってるからだったみたいな小説も売ってるし、血も流れなければ直接のホラー描写が一切ないオリジナル百合もあるし、鬱ばかりかと思いきやいじめっ子に制裁を下してスカッとするのもリョナならでは。

元は猟奇オナニーの略だけど、もう意味が変わって、不快になる人が多めの何か、くらいの意味になりつつある。
ちなみに正統派のエログロをやっているのは"艶惨"の方。

自分の入りこそエロだったけど、暴力だけではなくて色々な話に会えるのはリョナ界隈の良いところだし魅力かなと思う


という事をどこかで言いたかったのですっきりした。

自分はエンタメ人間なのでやっぱり焦る女の子の話が好きです。

おわり

ひふみVSふじぽそ7タイトル聖戦 観戦ガイド

10/8(祝)ひふみVSふじぽそ7タイトルガチ 観戦ガイド

盛り上げたいので、何と自分で観戦ガイドを書きました。
ゲーム自体を見たことがないタイトルもあると思うので、超簡単なゲーム説明も入ってます。
体力がゼロになったら負けですとかは書いてません。大丈夫です。

このくらいなら書いても7-0で勝つよという挑発の意味も込められています。

タイトルは以下の通りです。
STREET FIGTHER V
THE KING OF FIGHTERS XⅣ
鉄拳7
SHADOWVERSE
GUILTY GEAR Xrd Rev2
BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE
・BLAZBLUE CENTRAL FICTION

BBTAGは2人がやっているし新しいタイトルなので入れるとして、残りはお互いに3タイトルずつ出し合って決めました。結構すんなり決まりました。
赤が自分が出したタイトルで青がふじぽそが出したタイトルです。


・STREET FIGTHER V

昨今のゲームの中では割とまったりした部類だが、攻めでの投げが強力、スタンがある。
飛びやクラッシュカウンターのリターンが高いので、一瞬で勝負がつく事もある。
攻防両方で強力なVゲージを如何に使うかが見どころ。


自キャラ:コーリン

chara_kolin2_pop.jpg
▲コーリンのVトリガー1。スタン値が凄く貯まる。


スタンゲージを回復させない(凍らせる)技と、当て身が特徴。
Vトリガー発動からスタンまで攻めが決まったら拍手してください。

投げが強い関係上、当て身は切り返しとしてあまり強くないのですが、ダメージや状況が他の無敵技に比べて良いです。これも決まったら拍手してください。


ふじぽそ
恐らくバイソン。ストV以外勝てるとか言ってたので多分弱いんだと思います。

バイソンのターンパンチはストVの理を超えた火力なのでそれだけ気をつけます。



・THE KING OF FIGHTERS XⅣ

これを読んでくださってる人に1番馴染みがないタイトルのような気がします。
3v3の勝ち抜きで、体力もゲージも持ち越されます。アシスト制じゃなくて1v1を3人やる格ゲーってあんまりないよね…

ジャンプが4種類もあり、ワンボタン対空で安定して飛びを落とせないので、飛びを中心としたやり取りになります。
例えば小ジャンプは見てから落とせない飛び込みだけど、大ジャンプで上から殴られると基本負ける、とか。

また飛び道具が結構削れる上にしっかり有利を取れるので、飛び道具も比較的強いゲームです。

地上コンボにつぎ込むゲージ量がそのまま火力に直結するゲームなので、ゲージの差やゲージを有効に使えているかに注目すると面白いと思います。
おおまかにフルコンは完走すると1ゲージで3.5-4割、2ゲージで5-5.5割くらい、5ゲージ全部使うと即死狙えるキャラもいます。

…とは言え、恐らく2人のレベルはそんなに高くない(自分は14がKOF初めて)ので、超必ぶっぱや生発動(後述。)が入り乱れる展開になるかも知れません。


自キャラ先鋒:ナジュド

najd.jpg
▲左のナジュドが果て知れぬアイカーブで蹴ってます。最大タメで画面が揺れます。

先程1ゲージでは3.5割と言ったのですが、早速そのルールを破っているキャラで、試合中ボタンをホールドしておくと、ホールド時間に応じて強力な技(果て知れぬアイカーブ)を出す事が出来、ホールド時間が長いとノーゲージで4割、1ゲージで5.5割みたいなぶっ壊れた火力を出すことが出来ます。減ったら拍手してください。

ホールドで行動の幅がかなり狭まるけど、その代わりアホ火力の果て知れぬアイカーブで勝つキャラです。
火力を出すのにゲージを使わないので先鋒です。ちなみに先鋒最強キャラとされてます。


自キャラ中堅:レオナ

leona.jpg
▲コンボの〆に使うスラッシュセイバー。カットインがカッコいい。

あまり言うことがないんですが、ハイスタンダード的なキャラです。
自分の使用キャラの中で、通常技→キャンセルMAX発動~EX必殺~EX超必殺のいわゆる発動コンボを頻繁に使うのはこのキャラだけで、見た目もカッコいいので完走出来たら拍手してください。

レオナにあまりそういうイメージなかったんですがすごく揺れます


自キャラ大将:マチュア

mature.jpg
▲EXデスペア。発生瞬間まで無敵でガードさせて有利。

大将は基本的にゲージを1番たくさん使えます。自分はマチュアで半分ほどを"生発動"に使います。
生発動は、1ゲージ使って時間制限付きの必殺技強化モードを発動する、事で、EX必殺を複数回撃てます。

走って追い越せるくらい遅く小ジャンプで飛び越せないくらいデカい飛び道具や、発生瞬間まで無敵でガードさせて有利の移動技などを押し付けます。

サボりにはやり込みを、チンパンジーにはより強いチンパンジーを。KOFはこれで行きます。大将マチュアは放送事故が発生する可能性があるので拍手は先鋒と中堅のうちにしといてください。


ふじぽそ
お互い一度もプレイを見たことないので読めないんですが、どうせ分かりやすくて昇竜がある京、庵、K'、ハイデルンあたりから選んでくるんじゃないかなと思います。
もしくはマチュアで同じ戦術も有り得る。


・鉄拳7

唯一の3Dタイトル。
近距離の攻防が複雑で速く、立ち回りもカクカクしててよく分からないけど、注目ポイントは3つ

浮かせ(コンボ始動)技
コンボ=浮かせるなので、デカい技当てたな。って事です。その代わりリスクは高いです。

壁際が熱い
基本的に無敵技や特殊な防御手段がない鉄拳において、下がれない、相手の火力が上がる、ノックバックが減る壁際は大ピンチです。

レイジ状態
体力が残り少なくなると、キャラが赤いオーラを纏いレイジ状態になります。攻撃力が上がる事と、オーラを消費して使い切りの強力な技が使えます。(カットインが入ったり、全身白く光ったりするので分かりやすい)
ガードさせて有利でリーチが長いコンボ始動、とか、スーパーアーマーで4割くらい減る乱舞技、とかめちゃくちゃな性能なので、1発で戦況が変わります。


自キャラ:飛鳥

hqdefault.jpg
▲スカ確に使う鬼殺し。ハァーッ↑↑って言う。

確定反撃と、自分から崩しに行く際のリスクリターンなどが弱いが、暴れ、置き、スカ確が強い。

上中段を取り自動で反撃する当て身、下段無敵が非常に速い紫雲二段蹴りの逆二択が当たったら笑ってください。

スカ確用の鬼殺しは、ガードで反確なのですがリーチの割に発生が速い浮かせ技なので、スカ確でコンボまで決めたら拍手してください。


ふじぽそ
ゲストキャラの豪鬼かノクティスで来るはず。
豪鬼は鉄拳では掟破りの無敵技EX昇竜、ノクティスは超長射程の剣を投げて当たったらワープして殴るとかいうこれまた掟破りの技を持っているので、これらに上手く対処出来るかにかかっていると思います。



・Shadowverse

一度ふじぽそとは構築戦をした事があるのですが、今回は2pickで対戦します。

口だけでは何ともならない格ゲーと違い、カードは知識そのものが簡単に武器になるのであまり具体的な見どころは言えません…

環境がまだ始まったばかりというところで考えると、どのリーダー、どのカードが強いのかを把握しているかどうかというところは顕著に差が出ると思います。

カードはしゃべる余裕が出来やすいので配信盛り上げられれば良いなと思います。


・GUILTY GEAR Xrd Rev2

攻めも守りもシステムが激しい次世代対戦格闘ゲーム。
前回のガチでは自分が5-0で勝っています。

自由度が高くて難しいゲームだと思ってるんですが、自分のレベルならコンボ、バースト、ゲージの吐きどころで大きく差が付くと思います。


自キャラ:イノ

ggxrd-IN2.jpg
▲イノは黄キャンと相性が良い。「リンフォルツァンド!」何回聞けるかなっと


起き攻めの神。多彩な攻め方と端の火力。

1ダウンから起き攻めで倒し切ったら拍手してください。
立ち回りが弱いので強い技でガンガン押し込まれてたら祈ってください。

ふじぽそと言えば不真面目な逆二択だけど、ギルティは攻撃側も防御側も選択肢が多いので、昇竜or○○みたいなシンプル決め打ちではイノを捌けない。

前回のふじぽそカイは詐欺重ねだけで死んでいったが、今回はどうなるか。


ふじぽそ
カイ、メイ、レオのどれか。
メイは無敵技ないけど大丈夫か?

とは言えイノはメイが苦手なので、ふじぽそがそこを突けるか。
どうせこれが答えや!とか言って6Pかクジラ辺りを振り回してくると予想


・BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE

DnJZKu2U8AALyR2.jpg
▲RWBY Vol.6、10/27放送開始。

画面に4人入り乱れる激しいゲーム。
注目は、バースト狩りや基本が出来ているか。1回の読み合いが重いので、何か漏れたとかバースト失敗したとかハピバしたとかで1人落ちるとほぼゲームが終わってしまう。(戒め)

ちなみに前回2-5?でふじぽそに負けている。
生きる意味を問われる結果になり次は絶対に勝たなくてはいけないので、BBTAGに関してはここで解説を終わらせて頂きます。

キャラはRWBYから2人使います。

多分ヤツは番長ゴルドーだと思います。


・BLAZBLUE CENTRALFICTION

発売3年目、自分とふじぽそが出会ったゲームでもある
出身ゲームだから気づかなかったけど、このゲーム攻め強すぎでは…?というか固めが強い…のかな…
多分読んでくれてる人に1番馴染みがある気がする

もう今度こそ、これを最後にBBCFやらないんじゃないかな…でも面白いよねこのゲーム…面白い…もう1回だけやろうや…


自キャラ:ライチ、ナイン

ss_lc2.jpg
▲連荘!強い技ですがハクメンには斬られる事もあるのでどうするか。

ライチはハイスタンダード…って言うとまた何も分からないので特徴を言うと、多分逃げ気味に立ち回りのが強いですよね
オラオラ…!って走っていくキャラではない。
コンボが難しい(当社比)ので、どのくらい落とすか注目してください。完走したら拍手。

ナインはカッコいいよね。正直練度は低いんだけど、凄い初心者狩りキャラで、対策とかをろくにしない人に対して滅法強いのでもしかしたら出すかも知れません。出さないかも。


ふじぽそ
ハクメン。この世の悪。最もハクメンに斬られなくてはならない人間。今日も当身でワッショイだ。
ふじぽそスタイルの全てがこのキャラに詰まっている。

初見なら危なかったかも知れないが、ふじぽそハクメンとは過去何度か戦っているので、何とかなります。



真剣勝負の事を語感がいいので聖戦と呼んではいますが、実際のところは決闘です。

ふじぽそは正義とか会話とかそういうレベルの人間ではないのです。

ただヤツを負かしたい、その気持ちだけで臨んで参ります。

若おかみは小学生!、響 -HIBIKI- 感想

毎度感想を書き始めるとクソ長くなって悲しいひふみです。

作品の感想って見てもらえれば分かるんだから、全部言いたい事言う必要ないですもんね。

今回は両作品とも是非見て欲しいので、ネタバレなし感想も置いておきます。

とはいえ、ネタバレありの方も具体的に何をするかに触れてないので、読んでも全然見に行けそうです。


-----↓ネタバレなし↓-----

若おかみ

クソガキご都合突破物語でも、取り敢えず汗と死で泣いとけ物語でもないです。

オタク向け映画でもないし、子供向け映画でもないです。全員面白いと思える映画ってマジで凄いんす。

丁寧で隙がない、いちいち凄い…そんな感じです。

友人が見に行った時そこかしこから鼻をすする音が聞こえていたと言ってて、自分はこのストーリーと主人公が特別好きではなくて涙は流さなかったんですけど、それでも凄い面白いって言い切れるって半端ない事だなと思って頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

グローリー・水領というキャラが凄いです。




めっっっちゃ好き。全てが最高。

女子高生がパイプ椅子でおじさんを殴るのが好き、共感や起伏じゃなくて全てを圧倒するような感動が好き
そんな人にオススメします。

全てが丁寧な若おかみとは反対向きで、主人公の生き様が好きかどうかにほぼ全てがかかってます。彼女のための映画なので

欅坂46平手友梨奈を知っている人は絶対見て欲しい。自分も少ししか知らなかったんだけど、少し知ってれば十分。
「不協和音」と「サイレントマジョリティー」は見ましたね??

原作とはかなり話が違うので、響のお話が好きな人は覚悟が要るかも知れません。響の生き様が好きな人は是非見に行って欲しい。

平成最後のダークヒロイン平手友梨奈をよろしくお願いします。(3日前に思いついた)

-----↓ネタバレあり↓-----



・若おかみは小学生!

・隙がない、丁寧
皆様言っておられること

特に掘り下げられないキャラクターが、演出や細かい一言二言で分かってしまう

短い時間で色んな人が出てくるのにみんなちゃんと覚えてるんすよね

"凄い、よく出来てる"観点から言うならきっとこれが1番凄いんだろうと思います


・激浅成長物語にならなかった
問題が重すぎる~
これ大事だったな~と今思ってます。

春の屋旅館の若おかみとして最大の試練というか…いやそんな事があっていいのか、いやあっていいんだ…

小学生が考えうる最も辛い話で、ビシッと締まるもんですね。

うわ話がスゲ~…ってアニメ版見に行く人がいるのも頷けます。


・水領さま
本日のメインです

服を買いに行く回、ダメなんですよね~好きすぎるんす

お客とか幽霊とか仲間その他の中で、確か関係者がおっこしかいないキャラで、しかも唯一の相手は小学生だから何も言わない、けどする事はする…

いや~完璧にカッコよく書かれると逆張りようがないんですよ…4000万点…

水領さまはジョーカーなので、一般人で言うとピンフリが好きです。



・響 -HIBIKI-

・圧倒する物語
天才の話ってどうも凡人と比べたり、何かに引っかかったり、冷たい人間として書かれたり、あとは別の天才の生き様と比較されたりするんですよね。

響は小説が好き、自分を曲げないという信念を貫くための数々の困難を、全部自分が書いた小説である"御伽の庭"と意思だけで突破します。

例えば分かりやすいのは、才能の話定番の"私には出来ない"や"現実は違う"への回答ですが、響は回答しません。自分を曲げない事と現実がどうあるかは関係ないため。

そんな調子でずっと進んでいくので、響って主人公なのに始まってから終わるまで変化しません。

周囲の人の事を思って何かを言うこともする事もなくて、自分が〇〇だから。という力だけで周囲の人を動かしていく。
あっさり言いましたが、この"周囲の人"もまた小説に命を賭ける人たちです。それが響の絶対的な存在感を際立たせています。

北川景子、小栗旬、柳楽優弥を脇役に使って、初主演のアイドルが主役をやる映画、面白そうですか?まあ取り敢えず見に行ってくださいな。

そういう響を見ているのが本当に気持ち良いです。


・本来気になるであろう箇所
響が書いた小説。響が自分を貫く事を可能にしているのは"御伽の庭"です。が、内容はあまり語られません。

これは多分、小説や創作が好きな人には厳しいのかもと思いました。

世界に衝撃を与えるような、誰が読んでも面白い作品。そんなものはこの世にないからです。世界の半分くらいならあるでしょうけど。

もしそんな才能があったら、それを使って小説に真摯に生きられたら、そのもしもをやってくれる作品であって、天才女子高生小説家物語とは言えない気がしています。


・平手友梨奈さん
欅坂46のセンターです。一言で言うと、平手友梨奈は映画の響のような人です。

原作の柳本さんが言っておられたのですが(言い訳)本当に響のイメージって平手友梨奈が浮かぶんです。

だから響を演じてるのか、響を借りて平手友梨奈が映画をやったのか分からない、こいつ本気でそう言ってんだろうなって思ってしまうくらいのハマり具合でした。いや本気で言ってるだろうけど。

これに加えてビジュアルが良いので言うことがない。


・好み
実写の女の子って本気で殴ってんのかよみたいに思ってしまう事が多いんだけど、それは当然そこを見せたいわけではないからで、今年だとミスミソウを思い出すんだけど、あれも上手い事編集で見せてるんすよね

響は動き出して相手が倒れるまでワンカット。すき。


なれそうな憧れより、なれないものへの憧れの方が強いんですよね。

完全に自分だけを軸にして生きていける人がカッコいいから好きです。自分は無理なので。


弱者を置いていかない。

コメントでも才能が巻き起こす物語なので辛辣とか残酷って言葉がよく出てますけど、それで全てを置き去る話ではなくて、それを周りの弱者がちゃんと見てる話じゃないですか。

優しいって言葉はおかしいですけど、個人的には最高に好きな救われ方です。


いやこれ92って付けたけど94くらいまで行って良いかも…

普通こういう好きな映画って後々思い返すとだんだん微妙なポイントに冷静になったりするんだけど、響はそれが浮かばない。

ある意味単純な話だから嫌いなとこなんてないのかも。

あー面白かった。

宝塚に初めて行った感想 花組『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』

観終わって家族に観てきたと言ったら、え!宝塚?!面白かったの?!って心配されたんだけど、多分劇観ない人の印象はそんな感じだと思います。


・到着

まず東京宝塚劇場前のマダム達が放つ圧が凄い。

有志ファンクラブの"頭"が、生徒の名前札を持って劇場前でチケットを出している(そういう文化らしい)
左には帝国ホテル、右にはFCマダム、正面にはおめかしした幼~小学生を連れた家族。耐圧試験は無事不合格に終わった


・建物
duka.jpg

思ったよりシンプルで、売店×4以外には特に何もなし。
何かこう展示とかたくさんあるかと思ってた。あるにはある。年表とか。チラシとか。

グッズを売ってる売店が凄くて、強ジャニオタの友人曰く物の種類が凄い(円盤、写真は勿論雑貨類も多数。)との事なので、"推し"側面としてはかなりレベルとマネーが凄いコンテンツである事が伝わってきました。

1番圧を感じたのはモバイルブースターで、役者の姿がバーンと一面を占めています。
これ普段遣い出来なくね?飾るの?モバブーなのに…?という感じでした。
でも今冷静に考えたらキャラもののモバブーを使う人と同じでした。問題なかった。


・ミュージカル
宝塚の劇はミュージカルとショーの2部構成で、前半はミュージカルです。

-本物のオーケストラが流れる。
だからこんなに歌うだけで感動するのか…

-歌が上手すぎる
この記事当たり前体操しかしないんですけど、めげずに当たり前体操していきます。
歌を聴くために音楽を聴く機会って自分ないんですよね。何なら逆に歌が下手くそな音楽を聴く方なので

-お話が面白すぎる
この記事、これを言いたいがために書かれました。

天草四郎時貞って昨今FGOにも出ているので多分何となくどういう人かは分かると思うんですが、要はキリシタン百姓一揆(島原の乱)の総大将のカリスマある少年で謎が多い人物。最期は一揆を鎮められた際にしぬ。

それを、以下のように
島原の乱の指導者として多くの伝説を残し、今もなお謎多き人物として異彩の魅力を放つ天草四郎時貞の姿を、新たな視点でドラマティックに描き出した作品。従来の日本物の枠にとらわれず、衣装や美術に現代的なエッセンスを加味した、新たな日本物オリジナル・ミュージカルとしてお届け致します。(公式より)

としたのが今回の劇。これが本当に面白かった。
全部ストーリー書いてもしょうがないのでめちゃくちゃ端折ったお話と感動したポイント

今回の天草四郎の設定は名の知れた倭寇。
要するに海賊。難破して流されたところをキリシタンであり弾圧される天草の人たちに拾われて天草四郎として受け入れられる話。なので天草四郎はキリシタンではない。

神を信仰し、神は耐えられない試練を与えないのに、どうして暮らしは苦しいし弾圧されるのか?
キリスト教のお話ではよく出てくるテーマだけど、これを知った倭寇・天草四郎は、実際に目の前で起こる悲劇とそれでも変わらない皆の信仰心が理解できず葛藤する。

愛する者が殺され、四郎遂に答えに至る
神は実際には助けてくれない。でも神様はいる。ではどこにいるのか?それは皆の心の中にある。
この理由まで語ると長いし登場人物が多すぎるので飛ばすけど、思いをぶち撒けた四郎に天草の人々は救世主として付いていく…

現代の価値観と天草四郎の話
江戸時代の弾圧される農民とキリスト教って、正直現代を生きてる自分には全く分からない感覚なんだけど、それを180度改変して元ネタぶっ壊れてるのに面白い事に感動。
倭寇っていう外の世界を知る天草四郎が、弾圧されるキリシタンには天国へ連れて行ってくれる救世主に見えただろうし、自分の信念を持とう、持ったなら戦おうっていう現代の考え方に馴染んだ自分に凄く響いた。

180度改変に耐えうるには
このキーがカリスマなんだと思いました。魅力。惹きつけて離さない力。
今回の天草四郎役は花組トップスター明日海りおさんという方なんですが、本当にカッコいい。
勿論主役として引き立てられているからカッコいいのもあるでしょう。
そのエネルギーの出処がどこだか分からないけど、弾圧に耐えきれず一揆を起こす話を、外の世界を知るよそ者が救世主として導く話にする。これをやり遂げてるのは間違いなくトップスターがカッコいいからだなと思った。

画が、音が綺麗
クライマックスが、全て本当にその画だけ、で綺麗なんです。
まるで宗教画のような…というかバリバリそういう演出なんですけど、お話がなくてもその1つ1つのカットだけで綺麗なんです。
そういう隅々まで凄いで埋め尽くされてて全てが感動を呼んだんやなって…
何かこう人が近くにいると我慢しちゃうんだけど泣いた(泣いてるやん)


おわった…

ショーの事も書きたかったんだけどもういいや…見に行きたい人が1人くらい増えればそれでいいです…


おわり
プロフィール

ひふみ

Author:ひふみ
遊戯王を頑張っていた跡地
現在は主にアーケードゲーム等の日記を付ける場所。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
P4U (1)
MTG (3)
WLW (4)
検索フォーム
リンク
ついったー。
 
バナーがあった。