FC2ブログ

記憶と認知特性(何かを考える時頭の中で何が起こっていますか)

これを読んで何か書いておきたくなった。前から気になってるし考えるのすげー楽しいんだけど、いまいち何にも使えてない
あなたの思考は音声?テキスト?それとも…? ~「頭の中のアレクサンドリア大図書館」反応まとめ~

自分の記憶と認知特性

・基本的に映像+静止画型。1本1本が短くて何か謎に速い。
桃太郎のストーリーを思い浮かべる時に、再生自体は恐らく全編5,6秒程度で終わる。歯抜けの絵本を物凄い速度でめくってる感じで、文字は一切出ない。人に説明する時は、高速で流れた紙芝居を一時停止しながら文字に起こす感じ

・補助として音声が複合する事もある
特に人に関してはを声色を使って覚えてるっぽい。ここでも文字は出てこない。

・絵になった概念(自分で絵を想像するか、絵を直接見るかは問わない)は理解や判断が早く、文字は一旦概念的なものに変換しないと全く分からない
脳内で慣れたゲームをやってみると顕著で、格ゲーのコンボとはコンボ動画が早送りで再生されるだけでコマンドとか一切出ない。指も意図的に動かしてるような感じはない

ポケモンみたいな遅いゲームでも、パッと初手出し合ってガブリアス対マニューラになったら、凄い速度でお互いのHPゲージが交互に減ってマニューラが残り1で立ってる映像が流れる。

・本、マンガ、映画どれも、断片的な映像として覚えていて、芋づる式に思い出してから話を組み立てているっぽい
昔の事だけど、多分ちゃんと覚えてるストーリーを思い出そうとした時の脳内を字にしてみた(ワンピースのアーロンパークがぴったりなのでやってみた)
まずサンジが水中急転直下くらってもう1回のシーンを思い出す→プールつながりでルフィが水中から首伸ばして水吐いてるシーン→ナミがいるので泣いて麦わらに助けを乞うシーンを思い出す→みかんの青髪の人→みかんの木は船に乗ってる→ナミが着替える→ジョニーとヨサクいたわ→ゾロに剣を投げる→ゾロはタコと戦う→口が似てるからウソップの敵を思い出す→ワンピースのOP映像なのかウソップからナミがまた連想されて札束を隠してるナミ→アーロンと言えば何とかトゥース→アーロンのアジトをルフィが破壊→泣いてるナミが仲間になる話だわ→ナミはどろぼうで(財布をスッて船に乗るシーン)→一人で村を救おうとしたけど無理で→麦わら一味に助けてもらって仲間になったんだわ

おわり

書く速度の100倍位で絵が進んでいくので正直脳内の模写は出来てない…けど大体こんな感じ


初めて文字にしたけど、物事を体系的に眺めるような力はなくて、断片を急いで繋ぎあわせてたんだなぁ

普段なにか考えてる時は、今まさに入力されてる事に対して、さっきみたいなあちこち飛ぶをやっては元に戻ってきてまとめるみたいな感じやな。


・取り敢えずゲームに適用

例えば麻雀だと、ばっと盤面を見てこれ先に切っとこう、今何シャンテンでどのくらい引けそうとか今見える情報から一歩先を考えるのがめちゃくちゃ速いけど、これ切った時にどう思われるか、シャンテン数これで2番目くらいにリーチしそうだけど掛ける?とか自分のメモリに収まらない先の話が考えられない。

ので、この想像図で最終的に勝てるか?っていう経験を増やせばいいのかな。

RAMが凄く少ないんだけどクロックは物凄く高い脳みそみたいやね。あとはこのクロックがとても速いのをどう訓練してどう活かすか…

思考は行動に移さないと無なので何かしたいな~

おわり
スポンサーサイト

やったぜ。(yubit映研)

やったぜ。 投稿者:うおお三銃士 (8月16日(水)07時14分22秒)
昨日の8月15日にいつもの感傷マゾのFord(17歳)と先日コートくれた京アニ好きのIT土方のsola
(27歳)とわし(14歳)と他8人で草加にある1Kのアパートで盛りあったぜ。
今日は明日が休みなんで駅前の寿司屋で寿司を食ってから騒いでも怒られない所なんで、 そこでしこたまゲームしてから語りはじめたんや。
みんなでシャカパチしながらストラクチャーデッキだけになり持って来た盆回しと混沌の場を3枚ずつ入れあった。
しばらくしたら、興味ない映画に眠たくなって来るし、みんなが寝床を求めて廊下をごろごろしている。
新入りのルンバに床をなめさせながら、社長の自転車を出品してたら、
先に加湿器がゆわかしき最強ストレージに水をドバーっと出して来た。
それと同時に鉄蟹もわしもジェネラルを出したんや。もう盤面、壁まみれや、
4人で撮った君の名は。を編集しながらリツイートしあったり、
クルスが加入するはるか前にスターウォーズで徹夜したりした。ああ~~たまらねえぜ。
しばらく映画見まくってから又竜泉寺の湯に入るともう気が狂う程気持ちええんじゃ。
真面目な本が詰まった棚にリュグローのテコンダー朴を突うずるっ込んでやると
環境がプロジェクターとスピーカーで整備されて気持ちが良い。
たっくもFGOのガチャに限度額突っ込んでクレカをつかって居る。
OWNGOALオススメのプリキュアを応援しながら、思い切りインターホンが鳴ったんや。
それからは、もうめちゃくちゃよしえしとさよ朝の激論をしあい、
マウントを取り合い、3分59秒も紙芝居をした。もう一度やりたいぜ。
やはり大勢でフィールドワークは最高やで。こんな、限界オタクと青春の追体験しないか。
ああ~~早くリレー小説を書くわよ。
かもめ亭であえる奴なら最高や。リズは100*99*99,打ち上げ花火は2*2*85、や
半券捨てちまったやつ、至急、落札してや。
半袖姿のまま撮影して、アニクリに寄稿してやろうや。



今度yubit映研の紹介をするのでその一部です。


ウソです。


本記事は実在の団体、人物とは一切関係ありません。

おじさんと若者とTwitter

良い地位を得たものが分からない中年に対してものが分かる若者
セクハラの概念が分からない中年に対して若者
(一般に認識されている意味で)集団主義に対して個人主義

Twitterでは毎日、ものが分からない人への恨みつらみがバズったりとか、それを解決するために皆マンガを描いていたりする

大体自分の考える事は、それに関してもっと長く考えた人や勉強した人がいて、殆どの事はググれば誰かが先に考えてくれているし、よく考えることはみんなもよく話題にするし、自分があまり考えないことは話題にしない
当たり前の事だ

けど、自分がよく考える率に比べてあまり話題にならないと思う事の1つが、1番上の"最近のTwitterでの人間関係に関する関心事"に話題を戻して

直感的に伝わる事を信じて書くが、
何故"おじさん"は加害者で"若者"は被害者なのか?という話

例えばブラック企業のサビ残を強制する課長おじさんと、新入りのサビ残を強制される若者にしよう。
後者は被害者である事は間違いない。

おじさんは悪。さっさと会社をやめよう。労基に駆け込もう。おじさんを○せ…

その話題について、当事者でないそれが悪い事であると分かっている人たち(比較的若い人が多いと思っているが)が話す時におじさんについて語る人は、自分が思うよりとても少ない

何が言いたいかと言うと、俺はおじさんに同じくらい肩入れをしたいし、理屈ではない若者の事を哀れんでいる場合ではない感がものすごくある

すっ飛ばして自分がおじさんをどう思っているか説明すると、この状況おじさんは何も悪くないし、もちろん若者は悪くない。誰も悪くない出来事はたくさんあるので理解して頂いたとして

この状況では、おじさんが不利で所謂"弱い"ものだと思う

ここに出て来るおじさんと若者は、あくまでみんなのインターネッツ意識が作り上げたステレオタイプなSerial ExperimentsおじさんとSerial Experiments若者である

という前提で、おじさんは今よりもものが少ない戦後をシャカリキに働いて乗り切った団塊おじさんか、5時に帰ってクラブで踊ってたけどちゃっかり勉強してちゃんと出世できたバブルおじさんという感じだろう

若者は、世論にいじめられて相対的貧困の中に置かれたけどインターネッツやらの情報を得て真理に迫る20代って感じだろう

自分の観点でSerial Experimentsおじさんのストーリーを考えると
「生まれてこの方信じる先人の教えに従って働いて、色々な経験を積みながら歳を取り、自分の哲学が完成されたなと思う辺りで課長になったら、唐突にブラック扱いされ始めた」となる

変化をやめたおじさんの自己責任だという考え方になると思うので、何故自分がおじさんに肩入れするのかの理由をもう1つ

先程どちらも悪くないと言ったが、敢えて言うなら時代がそうさせてしまったとは言えないだろうか。ではどこを正せば幸せになれるのか

時代は現代まで進んでしまっているのだから、根本的に解決するにはおじさんが時代に追いついて、サビ残はよくない。今までの認識を改めよう。となるしかない

ここでおじさんが何故"弱い"のか説明できる

おじさんは人生の殆どをおじさんの時代に生きてきており、それによって人間が形成されている。対して若者は殆どを現代に生きていて、インターネッツという影響力の高い新しいものを取り入れる事も若者の方が簡単なはずだ

この現代の問題に対して、問題そのものに気付き、解決する力が高いのは現代を生きる若者なのだから、この状況においてはおじさんが弱いのだ

という風に見ると、被害者はおじさんであると言えないだろうか

ここでおじさんを叩きまくって○すか、○ぬまで待つという解決(?)方法をとると何が起こるか

それは何故自分が実害を被りそうな若者側であるのにおじさんの肩を持ちたくなるのかに繋がる。ずばり、次のおじさんもその次のおじさんも同じ方法で生まれるはずだからである

人生の先輩に対して"弱者"を助けるというのは物凄い変な感じがするが、この観点で言えば、若者がおじさんを助けないと次は若者がおじさんになってしまうのだ

自分も会社にSerial Experimentsおじさんっぽい人が何人かいるが、その時抱く感情はもう、おじさん、○してあげたいなぁ…ではない。お前におじさんが救えるか…?


おしり

わしは今こんな話に興味があるのじゃが

最近キーボードのかな入力を始めて、ブログを書く速度が0.3倍くらいになりました。
いずれ1.2倍くらいになる予定です。

もしかして全く同じ事を書き始めようとしても、違う媒体で書いたら違う文章になるのかなぁなんて思ったけど、活用出来なさそう


・AIに奪われるのは仕事ではないよね??
何か分かりやすいから広まってしまったのか、誰かたちが言い出したのか知らんけど、何で高性能な脳みそが完成して真っ先に単純作業が奪われんねん
そのAIを作った何かの考える方向に思考が誘導されるようになるのが最初じゃんね
早くルールを決めないと危ないぞ!っていう英語の文があったんですけど英語だったので読めませんでした

人間の脳みそとAIの差なんてないのと一緒なんだからそりゃ早くルールを決めてみんなで覚えないと手遅れですわな

攻殻機動隊やBEATLESSの世界はまだまだまだ先ですな。悲しいなあ


・マヤ神話にいる自殺の神
基本的に神は自殺を推奨しません。そりゃそうよな
が、オタクなら一度は聞いたことがあるマヤ神話には、首吊り自殺した時に天界に連れて行ってくれるというイシュタムという神がいるそうです。

凄い。信じてたら初手首吊りが本当に最適解になっちゃう…

結構昔の神話で、文献があまり残っていないそうです。どんな理由があっても自殺の神はなかなか作らないと思うんだけど…
なんでも神様に見立てる汎神論から生まれたって書いてあるし、切腹したらカッコいいのと同じ感覚なんかな


・サイバー一揆
ご飯が食べられないとか、独裁者がお金をガメてたら反乱が起こるじゃないですか
そんな感じの事が将来起こるのかなーと想像すると出てくるのが、最近流行りのディストピアで、昔のSF小説ではセンサーをかいくぐってタワーを爆破したり、スーパーハカーがシステムを破壊したりしますが、それってまだAIに現実味が無かった頃の話なわけで、

勇者「追い詰めたぞ輝夜月!貴様を殺して平和を取り戻す!」
月「竹wwwww月ちゃん体とかねーしwwwwwそこのサーバーでも壊せばwwwww」

みたいな一揆の起こしようもないやつ
これも生きてるうちには起こらなさそうだけど、せめて、みんなが異世界から戻ってきたらそういうSFをたくさん読んでみたいです

あとは現代のクトゥルフ的な、神がいない世界の人間を冒涜するようなお話が出ると良いな~と思います
それに恐怖出来るのか分からんけど

そういったお話に心当たりがありましたら、是非紹介してください

もしないなら、自分はむしろ今新しいSFを作って楽しまんでどうする!と思ったりするけどどうなんでしょ。もうそんな話をフィクションの小説にしようって考え方が下火の原因そのものなのかな。HAHAHA

おわり。Das feenreich

ネギと枝豆に学ぶマジック・ザ・ギャザリング

最近考えた事

ちょっと前は1つの事を突き詰め続ける事で得られるものに興味があって、自分はそれが出来ないからある意味憧れてたんだけど

最近、色んな事をやると、それぞれの相互作用でコツやら気付きやらが得られる事って思ったより多いんだなぁというのを実感する事が多くて

答え(やり方)は1つではないという凄く現実的なおもろくない結論が出てきてつらいなぁという今日この頃です


ゲーマーなので、ゲーム間で相互に作用する事を書いてましたが、他の思わぬ事柄→ゲームに影響が及ぶ体験が面白かったので、記録に残しておきます


・ネギと枝豆に学ぶマジック・ザ・ギャザリング

家の庭にネギ(青ネギ。細いやつ)と枝豆が生えてるんす。主に父親が世話してるので生えてるって表現なんですけど。たまに様子を見たり採ったりするんですが

ネギって相当ほっといても勝手に生えてくるし季節がかなり適当でも育つんですよね。晩ごはんの前にハサミで庭のネギを1本切って納豆に入れるくらい適当です

枝豆って一般的な農作物と一緒で、ちゃんと畝とかを作って間引きとかして肥料もやらないと育たなくて、収穫は一時期にドバっと採る感じになります。ちなみに枝豆の1年目は失敗してました。収穫の時だけ庭に来てあまりの小ささに爆笑してた覚えがあります


そんなネギを採ってるある日、横で枯れてる1株の枝豆を見て気付いた

ネギは青白コントロールで枝豆はグリクシスコントロールなんだって。

青白コンって結構4枚4枚4枚みたいリストが多くて、グリコンって1枚2枚3枚みたいな枚数がまちまちのリストが多いんです。つまりグリコンの方が選択肢が多くて構築もプレイも難しいです

構築がシンプルで勝ち筋が分かりやすい青白コンより、逆張りオタクを楽しみたい自分にとって、グリコンは華があるし、八十岡翔太が使ってるし、構築も考えがいがあるデッキで良い事づくめに見えるんです。つまり枝豆です

ただ、自分は気付いたら毎日のようにネギを採っていたわけです。ネギより美味いしうまぶれるはずの枝豆の世話をしようとは思わなかった

そして無意識にネギを採り続けて、雨が続いて切ったネギはしゃんとしてないとか、ネギは虫に強いけど枝豆はそうではなさそうとか色々な事が分かってきて、枝豆はあまり見てないけど、枝豆の事が徐々に分かるようになってきた

庭に枝豆しか生えていなかったら枝豆の事は1mmも分からなかったけれど、ネギが生えているから枝豆の事が分かるようになったという事実に衝撃を受けた。ネギより枝豆に興味があったはずなのに、だ


そして。ネギはシンプルで分かりやすい青白コンなだけではない。枯れるまで1つの株から何度も収穫出来るのだ

対して準備を重ねて1度の本番に臨むのが枝豆だ

確かにネギは脇役で、枝豆に比べて収穫の喜びもかなり薄いが、何度も収穫出来る事自体がネギからのメッセージだったのだ

まず庭に出なければ、収穫され食卓に並ぶ前の枝豆の事が分かるはずがない。

最終的に枝豆を食べたいからまず土の勉強をしよう、という事ではなくて、まずネギを植えて、毎日納豆に入れる。これが自分にとっての青白コントロールだったのだ

ここで全てが繋がり、自分はカードをやる時使いたいカードから入るのではなくて、最強デッキの中で好きなアーキタイプをコピーして始めるようになった


ネギに心はないし、父親は庭の空いたスペースにネギを適当に植えただけだし、枝豆はビールと一緒に食べたいから植えただけだ


だが、俺は今日もネギを採り、週末は青白系コントロールを持って晴れる屋に出かけるだろう


ネギが生えれば、グリコンが減る。


人間は、神にはなれない―
プロフィール

ひふみ

Author:ひふみ
遊戯王を頑張っていた跡地
現在は主にアーケードゲーム等の日記を付ける場所。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
P4U (1)
MTG (3)
WLW (4)
検索フォーム
リンク
ついったー。
 
バナーがあった。