FC2ブログ

アレクのプリズムショーが凄い

・背景
キンプリ、キンプラ、SSS1、2、3を観たところなのだが、3章アレクで完全にやられてしまったので何故凄いのか書いておく。

プリティーリズムの事がWikipediaのあらすじ程度にしか分からないので、出来るだけプリズムショーの凄さに絞って書き進める。



・PRIDE1におけるアレクのショー
名前にもあるように、格闘技の文脈が濃く出ている。特にプロレス
ショーの内容の前に、一応自分が感じたストーリーを簡単に書いておく。


ストリート系は勝負の論理
勝負の論理という言葉は自分が今勝手に作っただけだが、アカデミー系のショーよりも勝負という要素が強く出てるくらいの意味

勝負というのはお互いが同じ土俵で戦い、勝った負けたを認め合えば勝負として成立する。
キンプラのアレクVSタイガ(後にカヅキ)のようにステージを破壊しても勝てば勝ちなのは間違いない。勝てなかったが。

キンプラ→SSS3で起こった変化は、「ストリート系の勝負で相手に勝つためには物理的に倒せば良い」という論理から「相手と観客を含め皆をショーで納得させる事が勝利」である。カリスマというのは最強ではなく、超人的な力で人々を惹き付ける者の事を指すので、ストリート系のカリスマを志すアレクにとって当然かつ大きな成長だ


アレクのSSS3章のショーは、聖がいないため勝負は行えず、"未完のまま終わった冷さんのショー"の続きであり、キンプラの"会場を破壊し尽くした対戦相手に勝つためのショー"からの成長を見せる場に見える


というように、バトルスタイルの変化、世代、相手がいて起こるドラマ、というプロレス的な要素やSSSのストーリー的な観点で掘り下げる事は出来るが、今回は自分がこういう感じでアレクを見ているよという説明なのでここで一旦おわり


・画が良くて楽しいだけではなかった
キンプリに対しては、プリティーリズムから続くストーリーとプリズムショー含めたサービスで出来た作品という感想を持っていたのだが、プリズムショーはフル3DCGで気合が入っている上に、サービスもただ面白いからやってるんじゃないんだと気付き感動した。

平文だから感動していないように見えるけどアレクVSタイガのショーはマジ凄すぎて泣いた。

ただ面白いだけじゃないというのは、アレクが繰り出した一見めちゃくちゃに見えるガンダムや遊戯王のパロディは、決してめちゃくちゃではないという事だ。



突然始まるオールレンジ攻撃

キンプラのアレクは、会場を覆う「アンゴルモアの牢獄」を使用し、エヴァ陣形からの絨毯爆撃を行っている。恐怖の象徴アンゴルモアからの一方的な爆撃を行い、リンカーンばりのファン解放宣言を行った自由の象徴カヅキとは正反対の行動として描かれていた。相手を物理的に倒せば良いからである。


今回のSSS3章、アレクの背中に付いている4基のアレはガンダムのファンネル。簡単に言うと遠隔でビーム攻撃等を行う武装。バリアを張るためにも使う事が出来る。

アレクのファンネルは攻撃のように見えたが会場を守る用途に使われた。本来攻撃するために使われる方が多いので無理はない。

ただ武装として見れば上記の通りなのだが、感動した点は、ファンネルは人間の脳波で制御する武装という点だ。
ガンダム原作でも爆弾とはケタ違いの攻撃力を持ち、使用者に大きく負担がかかるファンネルをバリアに使い会場に張り巡らせ、ショーの感動、ひいては演者の感動をも伝える装置に変えてしまう…

アレクの技術、精神両面のパワーアップを、アイドルのショーにガンダムの武装とかいう面白すぎる画で表現してくる事に震え上がった。


突然始まるライディングデュエル

アレクとカヅキがレースで先攻を決めていたのは、遊戯王のライディングデュエル。簡単に言うと、バイクでレースをしながらデュエルをする際、開始時にどっかのチェックポイントを通過するのが速い方が先攻を選択出来るというものだ。

ガンダムとは違って遊戯王はギャグテイストな面があり、キンプリも完全に笑わせに来ているのに何故泣けるのか…キンプリは本当にアイデアが面白い。

ライディングデュエルは、デュエルという勝負と、スリルとスピードのあるレースを持ち合わせたまさしくプロレス、いやストリート系のプリズムショーにぴったりに思える。


まずレースの勝敗が先攻のタイガ有利という印象を与える。デュエルでは先攻が有利だからレースで先攻の権利を争う。

デュエルならばただ有利不利を決める前座的なレースだが、これはプロレスの性質を多分に持ったプリズムショーであって、必ずしも先攻が有利とは言えない。ただ倒すよりも、相手の技を一旦受け、よりカッコよく返した方がショーとして面白いからだ。


そして背景として、ライディングデュエルは格差のある社会において、大衆(アレクの家は貧乏なので大衆側と言える)が考案した過激な娯楽であり、自由の象徴とされている。まさしくストリート系の魂そのものと言えるバトル演出なのだ。



・プリズムショーの凄さ

適切な題材を配置し、適切に切り取ってメッセージを強化し、そしてただ観るだけで幸せになるようなインパクトのある画を作り上げる。そういった凄さがプリズムショーにはある。ただパロディをやると面白いから色んなネタを仕込んでいるのではない。

という事が言いたかった。


キンプリの映画に関する話は以上です。



・おまけ(キンプリは詩かも知れない)

キンプリ初見の感想はこれガルパンっぽいなと思ったんだけど、以前からこのガルパンっぽさというのが上手く説明出来ずにいた。

熱いが本筋は比較的シンプルなストーリーがあり、ギャグではないんだけどパロディやこだわりをふんだんに使ったサービス…

今回プリズムショーのガンダムと遊戯王に着目してみて、パロディやこだわりの部分って詩の面白さと近いんじゃないかなとふと思った。


Wikipediaの「詩」の概説の一部

詩では特有の形式や決まり事を用いることで言葉に別の意味を持たせたり感情的・官能的な反応を引き起こしたりすることが多い。~中略~その他の詩語による文体的要素はしばしば詩作品に複数の解釈を可能にする。

今日のグローバル化した世界では、詩人たちはしばしば様式、技法、形式などをさまざまな文化や言語から借用している。

時代や文化が変われば言葉の意味も変化するので、詩の当初の美や力を味わうのは難しい。

概説から更に抜き出すのはちょっとどうかという感じもするけど、要は以下のような事が言いたい。

オタク作品から一見めちゃくちゃに引っ張ってきたパロディを繋げて、キンプリという時代と文化に落とし込み、別の意味を持たせる。
そして、それをみんなで鑑賞して応援する。視聴者の持つ知識や背景で様々な解釈が生まれる。

というような構図が似ているなと思った。自分は詩の事は全く分からないけど、この感覚は詩を楽しむようなものなのかなーと少しキンプリに世界を広げて頂いた感じがしました。


おわり
スポンサーサイト

「アカメが斬る!(マンガ)」感想

いや~~何回言ったか分からんけど良かった~~

流石は冷徹なアニメ分解マシーンからのオススメだ(この記事を書いた時に勧めてくれた)

にしても、恋か、死か。とか、必殺シリーズを意識した…とか(確かに同じだけどそこじゃないだろ!!)嘘が前面に押し出される広告事情、つらい。
こんな事で動揺するようでは帝国領じゃ即死だぜ…?お前が読んだ作品を信じろ



・弱肉強食のみで15巻やる
作品内に通じている筋は多分これしかない。これに従って、心が人間的で揺れる奴はすぐ死ぬし、他人のために戦う奴も死ぬし、何より登場時間が短め。


・全体の流れと結末
これは疑ってしまった謝罪でもあるんだけど、弱肉強食のみだとどうしても話が動かないし面白くない。
それを何とか少年バトルのふりをしたり恋愛や弱い人間の死で動かしてくれている。

途中それらの要素のせいで、弱肉強食以外の話で感動させにくるんじゃないか?と思ってしまったけどそんなのは杞憂で、最後までアカメは自分のために斬った。タツミが露骨にがっかりしてるのがかわいい…いや普通にかわいそうだけど。

感動物語ではないけど、救いがあると見せかけつつ期待を一切裏切らないし、そのために邪魔な要素を入れてないのでそういう意味でとても良かった。


・女が強い
女だけにすれば簡単な事だが、男も出てくるしちゃんと男らしく活躍もした上で女が強い。

ウェイブはクロメを救っているし、タツミも主人公として重要な役割をたくさん担っている。が、結局は男の子はどこか人間くさく、強い女の子たちに振り回されているだけ。

別に男女どちらが強くても話は成り立つし何の意味もないテキスト読み上げ文だが、俺はこれが好きなのでとても大事な事だ。


・残酷成分を補充していく
最初に書いたけど弱肉強食で15巻やると本当につまらない話になるし実際そういうつまらなさはあるので、逐一帝国を倒すというモチベを保たなくてはいけない(読者が。)

そこで残酷シーンである。全年齢向けなものの、お決まりは一通りやってくれるので大変よろしい。すき。
作者がコメントしてたマリンは、本当に溶解させたら多分悪趣味に踏み込んで世界観ちょっと壊れてしまうので良い挿入だったなと俺は思う

エスデス様は拷問が好きと言いつつ実際に拷問するシーンがないのは非常に残念だが、少し考えると上記の理由で大臣サイドに残酷な事をさせ続けなくてはいけないので仕方がない。仕方がないからこの辺はエスデス様がカリスマとして軍を率い敵兵を拷問するスピンオフでやって欲しい。

チェルシーが死ぬ絵面が1番好き。


・うおお力高い
これが嬉しい誤算だった。

剣客とかノワールみたいなのに女の子と少年バトルを乗せるのに加えて、セラスヴィクトリア出てくるしパワードスーツとロボまで出てくるし、期待してなかったものが次々出てきたのでめちゃくちゃ嬉しくなってしまった。最高。

セリューさんはかなりおいしい役だったと思う。カッコ良かったぜ。


・もし○○だったら
好きなものっていうのは、好きでないものがあるからこそ、より好きなわけです。

勿論エスデス様が好きなんですけど(他のキャラも有象無象のその辺のキャラに比べればとても好きだけど)もしこうだったら嫌だなと思ってしまったものが3つあって、

タツミへの恋慕を敗北の理由にされたら嫌
恋の相手を躊躇なく殺せる程の恋慕は闘争本能と同列に置くことも出来るし、負ける理由としてアリとは思うんですけど、それが勝敗に絡むのは嫌だったので、エスデス様の無念止まりになったのはとても良かったです


死ぬ順序のブレが大きかったら嫌
各々好き勝手するのは構わないしそれも魅力なので良いんですけど、もしブラートとかランとかが(ここでは性別は関係ない)生き延びたらダメじゃないですか。アカメが勝てない事になるし、例えば姐さんとかドMは最後まで生き残らなくて良い事になる

結局はこれも杞憂で、弱い奴をどんどん殺す事自体がエンジンだったので、そういう引っ掛かりがないのがとても良かった


アカメがナイトレイドや民やタツミのためにエスデスやタツミを斬ったら嫌
これも上とほぼ一緒なんですけど、エスデス様を斬るからには絶対に強さ以外の方法で倒して欲しくなくて、アカメは斬った瞬間に強いだけではダメなんだみたいな決め台詞も言うんだけど、タツミの言った「俺は死なねぇから」の約束を守っただけ…シーンで結局お前鬼やん!ヤッター!って丸く(尖ったまま?)収まるのが良かった

アカメ活躍回少なかったけど、ちゃんとナジェンダの言った通り100万人とアカメのゴリ押しで倒したのも期待の裏切らなさ。




アカメが斬る!面白くはないけどまた読みたい超好きな萌えマンガ、という新たなポジションを獲得した。そこで○○しろよ~~!というツッコミが一切入らない作品はやはり見ていて気持ち良い。

アニメも面白いらしいが結末が全く違うらしいので見るのが少し怖い。
勧めてくれたサイゼリヤに感謝

シュガー・ラッシュ オンラインの感想

いや~面白かった。ディズニーの映画面白いっすね。


点数は84点です。

今年はこれだけ好きポイントがあっても84で行く


・菜々緒がやばい
シャンクは菜々緒だよね~~~~~~


・ムーランが喋った
ムーランが…こんな綺麗な顔になられて…
竜スカジャンジーパン剣戟ムーランやぱくないすか?実写ムーランも頑張ってくれ~~~

巷で言われる"ディズニー・プリンセス"についてだが、残念ながらあの13人?の中でちゃんと見たディズニー映画はムーランとモアナなので、プリンセスへの衝撃は残念ながらあまりなかった

時代だね~くらいの感想になってしまった


・巨大ラルフにラルフが勝って欲しくなかった
これまた最近マイブームの"そうじゃないだろ幻覚"

ラルフは巨大ラルフとの決戦で、ただカッとなって周りが見えなくなっていたが反省をして解決した…という倒し方だった
それも良いけど、あれでおじさんを救えるわけがないので、個人的に嫌な気持ちになってしまった

女性陣が主人公だったのでそこを真剣にやっても仕方ないとは思うけど


・昇竜拳!
乾杯のこと。


・空前の既存キャラクターオルタブーム
最近のキャラクターオルタは凄い。本作で言えば白雪姫やアリエルはありのままのなんて絶対言わなかった。けどシュガー・ラッシュ オンラインでは言う
そんな感じで一昔前のキャラクターオルタを登場させると熱いのは分かる。俺も好き。

でもこれっていつまで使えて、使えなくなったらどうなるんだろう…って最近思う事が多い。嵐も解散するし

それとも赤ずきんがオタク界に1000人いるみたいな感じで任天堂キャラや嵐も古典扱いに近くなっていくだけなんだろうか


おわり

ミラフェスその1(Xからの挑戦、ライブ いっぱい!、滑落する煌き、痛哭)

ここはブログなので本当の感想を残しています




・Xからの挑戦
特に縁はないんですが、続き作る系のオタクの妄想を読みたかったので

マンガが本当にお上手。描きたい事ばっちり響きました。多分

もうSideMほんと何も"やらない"んだから~!同人はやってもいいよ~!(床を転がる患者)


・ライブ いっぱい!
マブダチの本なので

まさかの絵本。チャレンジって素晴らしいですね。

海とオバケの回は格段に良いですね。絶対気合入ってる。(当社比)
何度も読める同人誌、個人的にとても良いです


・滑落する煌き
りょなけっとでペーパーもらった方が寄稿していたので

いやもうすげーの描く人がいて…後で調べてたら個人でも出されてましたね…
こういう出会いがあるからアンソロっていいですね…
正直なので書きますが漣の人と想楽の人ですね…

アルテありがとうございます…謝謝


・痛哭
多分これから本に関係ないよくわからない事を言う可能性があるんですけど、最初に大前提としてまずめちゃくちゃ良かったです

これは友人に勧められて装丁もカッコいいしピンと来て買ったんですが、いや本当にみんな愛を描きたいんだなって(あとハイジョすげー人気だなって…確かに似合うけども)
そりゃそうだよSideMだもん。愛に溢れているものを描きたくなるよ。ちょっと人が死んだりするだけでさ

話の好みとしてはドラスタの話とアンドロイドの話が好きですね。
総合点はドラスタのやーつですね…キャラクターが全く損なわれていないように思えるし、何というか偶然の対比だけど若者の物語ではこうはならないよねみたいな

正直2ユニットともあまり詳しくないんですけど、自分の思うアイドルたちそのものに凄く近いかなーと…


文字通り先っぽだけですが、R-18のそれ用に描かれた♂×♂描写に触れるのは初めてで、BL文化が女性が楽しむためのエロって本当だなーと悲しい物語の傍ら考えたりしました

確かに男だけど、完全に女性のエッチですもんね。女性向けのAVが浮かびました

男性向けって一般的な概念でエロシーンやるとなかなか本筋と地続きにならないんですよね。エロゲーのエロいらなくね?みたいなやつ(いる作品もある)

その点女性向けって常に前戯(過激思想)なわけだから何そのおいしい構造だけ分けてくんねーかな、って思いました。


あと真にリョナに求めているものは恐怖なので、ちょっと買い物をミスりました。正直に言いました。

でも凄い貴重な体験と感想が生まれたのでとても良いミラフェス参戦になりました。勇気を出して行った甲斐があった。

小説が5冊くらい残ってるので読み終わったらまた。

ミスター・ガラスの感想(短)

メモ

好きな作品だった。というか好きなメッセージだった。
コミックやヒーローで信仰の話をしてあんな終わり方とは…

画が派手でない事もあり、途中物足りなさというか退屈さはあった。
が、これは我慢できず自分が前作を見ずに行ってしまったせいだろう。少なくともスプリットは何かのタイミングで見たい。やらかし。すまん。


ガラスが死んで、砕け散って、鏡のような破片が皆の元へ。

いや~これがイライジャの体が弱い理由が前作でガッツリ語られてるんだろうから本当にやらかし~~~

誰かが、普通に見て100点、前作見てれば5000兆点って言ってたから4999兆うんぬん点の損失~~


おわり
プロフィール

ひふみ

Author:ひふみ
遊戯王を頑張っていた跡地
現在は主にアーケードゲーム等の日記を付ける場所。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
P4U (1)
MTG (3)
WLW (4)
検索フォーム
リンク
ついったー。
 
バナーがあった。