はねバド!の感想の一部と自分の日記

はねバド!ってマンガがあって、周りの人でおもろいって言ってる人が多いマンガで、何かよくある天啓(??)が降ってきたのでこれ絶対おもろいって何故か分かって意を決して11冊まとめて買ったらやっぱり面白かったです。

んで全部の感想はもう面白くてどうでもいいので、日記的な意味で感想の一部を書いておきます。

はねバド!ってマンガは、自分的には勝負哲学が超広い範囲で描かれているマンガだと思っていて、それを描くためのキャラクターの個性が立っていて、また個人の成長や捉える側面を通じて色々な話を見せてくれた気がします。


その中で1番印象に残った話は橋詰英美の話でした。

サブキャラという感じで登場回数は少なく、キャラの役割は2つ(1つとも言える)で、内からエネルギーを生み出せない人間の精神の弱さと、他者評価で点けられた火の脆さみたいなものを描いたキャラ(のはず…)です。

泉理子との試合前に自らの罪を悔い、罪滅ぼしをしたいと願い挑むのですが…


個人的なはねバド!の魅力なんですが、たまたま絵が好みなのか、キメるコマの顔が凄くいい。言葉では言い表せない言葉が顔から(コマから?)出てるんす。
20180215_011537954.jpg

このコマ!!!
気になる人は読んでください。

橋詰英美さんは、以前(中学時代)の実力、いや今の実力でも負けるはずのなかった泉理子に負けてしまい、人を舐めていた自分を呪い(呪ってはないが)ながら姿を消します。


出来とか話の濃さとかもうどうでもよくて、忘れもしない卓球部中学3年生の春(そこそこの成績を残し、他者評価を得た中学生だった)、1-2年では負けた事のなかった選手に地区大会ベスト8で敗れた(せめて決勝までは行けると思っていた)自分に重なりました。

一生のあらゆる敗北の中で3本の指に入る忘れられない敗北でした。

負けて暫くは自分の精神状態など振り返る余裕もなく(15歳のため)試合の内容しか思い出せず、その選手の戦型を真似てみたりしました。

そうこうして歳をとって、何かある毎にその時の敗北を思い出しました。

単純な練習不足とか、油断とか、劣勢から来る緊張とか、戦型の差(ちなみにその選手は今まで一度も同格以上と対戦していなかった左利き表ソフト速攻だった)とか、本質的な負けの原因はそういうものではなかったんだなーって


勝負のマンガでも"しっかり""カッコ悪く"負けるキャラってそんなにたくさんはいなくて、なおかつ自分に重なったキャラに初めて会ったんですよね…

自分が当時そんなにカッコ良く(カッコ悪く)負けたわけじゃないんですけどね。美化された自分の思い出と、突然大きな力は出せなかったりそれでも昔取った杵柄で点をもぎ取ったり辛くて読んでられない顔をする橋詰英美に感動しすぎて頭の中でコマが足されてしまったんでしょうか。

マンガに限らず作品鑑賞ってのは受け取る人によって如何様にもなるけれど、とにかく今までで1番その敗北を思い出させた作品でした。

感動出来て良かったね俺


おわり
スポンサーサイト

バーフバリ王の凱旋 感想

最近、初期衝動が凄く大事なものなんだけどすぐ忘れてなくなってしまうものという事に気付いたので、初期衝動があるうちに何でも保存しておこうと思った

大事ならFC2ブログに書くなよという説はある。ツイッターも大事だったけど凍結されたしね!!!Twilogがなくなったら完全消滅!!!


あと短く書きたい。
100人中99人に感想が伝わって一口で食べられる唐揚げのようなブログを目指していきたい。


-----以下感想 ネタバレなし-----

このブログを読んでる人にそんな人はいないと思うが、クソリプを送ってしまうタイプの人にはかなり厳しい。

かくいう自分もクソリプを送る人間から送らなくなった人間なので、そういう細かいところへの気になり度が高すぎる人にはきつい可能性がある。

100人にウケる映画はない。


見終わって、2時間半もあるのにずっと食い入って見てたなーと本当に驚いた。常に面白く見ていられる。

超絶ベタでほぼ予想の範疇の出来事しか起こらないのに、だ。

これだけで面白い映画認定するには十分すぎる。


インド映画である。

これは後々調べて、バーフバリはインド映画の中でも異質な事が分かったから、これで"インド映画"を知った気になるのは少し違うかも知れないけど、やっぱり日本やアメリカの映画とは違う事は感じた。



-----以下ネタバレあり-----

まず100点を付けられなかった理由から


・"絶対悪"ものだった

要は最近みた作品で言えばプリキュアだった。

これは次の感想にも繋がるのだが、正義が絶対悪を打ち倒す話は、話自体にペラさを感じてしまうので100点にはならない。

ただバーフバリの面白さはこの分かりやすさにあるので、話を変えろとは微塵も思わない。

誰に共感するとか俯瞰するとか色々な映画への入り込み方があると思うが、バーフバリ一族は凄すぎるのでバーフバリを応援する何か、というポジションに収まってしまった。応援上映がある事からもそれが伺える。

バーフバリは絶対に負けないだろうし、絶対にカッコいい事を言ってくれるし、次も驚くような超展開で窮地を脱してくれるという信頼が映画から伝わってくる。もういいよというくらい投げ付けられる。

ので、100点ではないがバーフバリはこれをやり切ったんや。ある意味100点。


・好きなキャラがいなかった

結構どれかの人物を応援したり注目して見てしまうタイプなんだけど、バーフバリにはあまりそういうキャラがいなかった。強いて言えばカッタッパだけどやっぱり強いて言えばという感じ…

これはあんまり長々と書くことでもないか


・バーフバリ1を見ていなかった

前半、中盤が父親の話で、そこはめちゃくちゃおもしろかったんだけど、ラストは当然それに対して息子が仇を討つわけで、息子の物語を見ていない事がラストの締めをペラくしてしまった。

これはもう2から見た以上仕方のない事で、一緒に見に行った人たちも、それ覚悟で面白い2から見ていいと思うし、最後がペラいと思える程楽しめたのなら、今から1を見てもう一回2を見れば?という話になった。


良いところ

・全部

好きなシーンで言うと(本当に名前が出てこないな。初インド恐るべし)デーヴァセーナが大ピンチの時に矢を3本ずつ射る父バーフバリ登場からの戦闘シーン。

あと音。


思ったこと

・王政って馴染みがない

民主主義って欠陥が多いなぁ(欠陥がない統治の方法があれば誰も苦労してないのだが)と思う日々に突然現れた最強の王様である。ちなみに十二国記を読んだ時も同じような事を思った気がする

何歳か忘れたけど従者という生き方が全く理解出来なくて困った事があって、従者なんて置いたらみんな寝首をかきにくるのでは?と思った事もあった

ルートは色々あれどこの人を、この組織を守るためなら何をやってもよい、自分の命も差し出せるという感覚を理解出来るようになってから見たバーフバリは心に沁みたような気がした


・生き方、主従ってなんぞや

カッタッパがバーフバリの次くらいに重要人物である事は言うまでもないと思う。知らんけど。

バーフバリ1とか、5分で分かるバーフバリの中で、カッタッパがバーフバリを殺す事が分かってるから何となく意識をそっちに修正しながら見れたけど、それを全く知らずに2を見たらどうなるだろうか。俺は多分相当混乱してたと思う。

何というか自分のものさしでカッタッパを見ると、バーフバリと旅をしたり成長していく中で次第にそのカリスマ性や実力に心を打たれ、言わばバーフバリに寝返るのかと思ったけど、奴隷として育ち、王族の大意(バーフバリも王族の大意の一部と言える。んでその中で1番大きいものがきっと聖母シヴァガミの命)に沿う事を自らの生きがいとしてきたから、葛藤しながらも殺したんだと思った

これが例えば、王政とかがある国の人たちだと結構すんなり理解出来るのかなって事と、あとその生き方を完全に理解している人がカッタッパを見た時に理解出来るのかな?と思った

これまた自分のものさしでカッタッパになってみると、所謂生きる理由が王族で、王族に生かされてると考えてるだろうなと思うし、きっと自分の命ってものは王族のするなにがしよりも軽いんだろうなと勝手に思う。

そんでもしかすると、バーフバリを殺すか王族の大意に従うかという究極の選択を迫られた時、どちらに従うかという感覚ではなく、最後の一押しは父バーフバリを殺したら父バーフバリが死ぬだけ(バーフバリの意志は死なない。自分が遺す事が出来る。というか遺している)だが、殺さなかったら自分の生き方、王族の大意というベスト2が両方が死んでしまうので父バーフバリを殺した。

という理由付けをしたんですけど、理由を組み立てただけで1mmも分かりません。何せ従者の気持ちが分からないので。

そして!
一部で話題の未翻訳バーフバリ小説版にカッタッパの家族の話が書いてあるらしいのでこの話は終わりです。もしかしてアンサーが書いてあるのかも。
でも皆さんもカッタッパに対してどう思ったか書いてもらえると楽しいかと思います。




・最後に









カッタッパの名前を間違えてたお前ら









haraiti.jpg

おわり

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」感想

どうも。公開してるのにツイッターの裏垢みたいな状態になってるブログです。

早速ですが、悪名高い「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の感想についてです。

まず見に行く事になったきっかけですが、シャフト制作のアニメ映画という事でこれは映研マスト案件だ!という事で見に行きました。

同行者の1人はシャフトが期限に間に合わせたからちょっと期待してるとか意味不明な事を抜かしていて、そんなよく分からん事は置いといて

評判が悪い事は聞いてましたが、それ以外にも色々と前情報があったのでそれをまず感想の前提として箇条書きしておきます
・君の名は。ロストしてはいけない
君の名は。は2010年代大ヒットアニメ映画である前に新海誠裏切りのオーベルテューレみたいな存在なんですが、それも置いといて
要はコマーシャルではSF的展開を示唆してるけど別にそこがメインのアニメではないのかなって事と、小難しさでオタクを喜ばせるアニメじゃないのかな?くらいの認識で行きました。

・岩井俊二原作である
全然詳しくないんですけど、岩井俊二氏はリップヴァンウィンクルの花嫁の監督である事、ミュージックビデオを作る人である事という事は知っていました。

・俳優を声優に起用したところを少し推している
作品の良し悪しは声優に左右されるわけではない(演技力には多少左右される)ので、別に。聞いてて普通であれば


ではネタバレなしの超短文の感想から行きましょう

------------------

まずぼく個人の見終わった後の初期衝動みたいなものはかなり悪かったです。

理由1
出来の悪さが目立つ
ぼくは感情的にぼーっと作品を鑑賞するので、台詞回しが気に入らなさ過ぎるとか演技が下手とか、作品に没頭するのに邪魔な要素があればあるほど点数は純減します

個人的にそういう点があまりにも多くて邪魔でした


理由2
完全に自分向きではなかった
後の感想戦(反省会)でも言ったんですが、この作品を一言で表現するなら"雰囲気押し"としか言えませんでした
雰囲気押しでも好きな作品は好きなんですが、理由1で雰囲気がぶち壊されているので、雰囲気押し100%でぶち壊されたら0%になって何も残りませんという感じでした


結論
直感で面白くなさそうだなと思った人は見に行かないでください。
自分から面白くなさそうな物を摂取するって、面白くないものを摂取した不快感と、面白くないものを摂取しようとしていた自分に対する嫌悪感とか反省みたいなものでダブルで悲しくなりますよね。



ネタバレありの感想になりますが今回もなるべく短く…どうせ長くなるのかな。嫌だな

--------------

・雰囲気押しであるにも関わらず、主人公の演技が嫌すぎる
そのまま。嫌なものは嫌なのでおわり


・現実味のない、かと言って臭くもないセリフ回し(多い)が最後まですっきり実を結ばない
多分すっきり実を結ぶ見方もある。が、後述の理由からもう1回考えたくない


・多分盛り上がりやメッセージ性といったものはこの作品にはない。あってもオタクが喜ぶタイプではない
雰囲気押し、というのはシンデレラなずなの事を指している。多分ここに没頭出来れば、タイムリープ君のタイムリープについて考える気力が出るはず。


・シンデレラなずなのパワーがいまいち低い
少女マンガ的楽しみ方をするにはパワーが低い。ちなみに隣のカップルの女性は泣いていた
このパワーで足りた方はかなり面白かったんだと思う



ざっと以上がこの作品に散りばめられたピースをまとめる気にならない理由一覧


以下、ピース
奴らは何歳なのか→16歳未満です。あの有名な曲は多分関係ないです

松田聖子、観月ありさ、松たか子→オエーーーーーーーーー!!!!!!笑えるとでも思ったのか?????????????1993年だって!!!!!!!!!!!!

タイムリープくんの写真アルバム→誰か考えて

打ち上げ花火は横から見たら平べったいのか?→多分相当キーです

原作とドラマ→もう知らん。勝手にやって



解明して"転出生なずな"に泣けたら70点。


俺は2点。


終わり!!!!!!!!!閉廷ーーー!!!!!!!

「ハクソーリッジ」感想

観て来ました。
エンタメ的でない映画は久々に見るので知識とかないし基準も何もないですが何卒。

-----ネタバレなし用↓これから見る気がある人用-----

84点。
決して低い数字ではなく、とても面白く、なおかつ自分に刺さる部分もあり、見たい要素も入っていた、という感じです。

オススメしますか?と言われれば自信を持ってオススメします。

戦闘描写もちょうど良く、人間もカッコいい、かといって現実味がないわけでもない。
自分にとっては宗教、戦争(沖縄戦)、友人、家族といった全ての要素が気持ちよく入ってきてとても満足。
1番感動したのはやはり主人公デズモンド・ドスの精神ですが…

あと戦争映画って現実味がありすぎるとただ悲しくなるし、脚色しすぎるとツッコミが入っちゃう事があるんだけど、この作品は本当にバランスが良いと感じた。
ノンフィクションってあまり見ないんだけど、デズモンド・ドスという1人の人間にも感動したし、少し脚色された映画の中のデズモンド・ドスもめちゃくちゃカッコ良かった。

12禁(12禁なんてものはないが)なのは"ただ戦争で人が残酷に死ぬだけ"だからだと思うんだけどきつい人はフツーにきついかも。グサッと刺されて血を吐くだけでうっ!!と感じてしまう人は1700%無理かも。

ただ、戦争の酷さを映像で伝えるための映画ではない。という事だけお伝えしておきたい。



-----ネタバレあり用↓-----

最大のテーマは宗教?信仰心?的な事

以下自分なりの主人公の周りの人間をばっさりなくして本筋だけ書いたあらすじ

主人公のデズモンド・ドスはクリスチャンで、幼少期の様々な経験から「汝、殺すなかれ」という教えを強く心に刻む

周囲が戦争に巻き込まれて行く中、国を守るために自ら入隊志願するが、ドスは訓練中「銃を持つことは出来ない」と軍人ながら頑なに命令を拒み、除隊寸前まで追い込まれる

しかしドスは色々あって自らの並外れた強い信念と信仰心で訓練時代を切り抜け、衛生兵となり、最前線のハクソーリッジ(沖縄)へ送り込まれる

歩兵同士がぶつかり合う最前線で、衛生兵として英雄と呼ぶにふさわしい活躍を見せ、多大な犠牲を払いながらも米軍はこれに勝利する…

映画の最後にデズモンド・ドスの当時の写真や生前の本人へのインタビューが少し流れて終わり


何が面白かったか
・デズモンド・ドスの並外れた強さ
自分は無宗教だから、信仰心という感覚がよく分からないんだけど興味はあった
だからこそ信仰心を持つ者の強さがより輝いて見えたような気がする

家族、友人、恋人、国を守りたい。でも「汝、殺すなかれ」は破れない。そんな葛藤の中でどちらも捨てなかったドスの強さ。
思いで戦いに勝つなんていうのはファンタジーの話なんだけど、本当にドスは思いで戦いに勝った。


・戦争の残酷さ、見せ方のうまさ?
何度も言うがあまり戦争映画に詳しくないのでどの程度凄いかは分からないが、自分の知っている沖縄戦に"映画のカメラ"を持っていったらこんな感じかな?という感じなのだ。

火炎放射器や自動小銃は本当に強いし、銃剣付きの小銃で戦う日本兵は恐怖を与えるまでもなく、別に生き返るわけでもなくバタバタと倒されていく。それでも穴から出てくる日本兵は次々と襲い掛かって来る。
戦艦で砲撃すれば勿論人は死ぬ。しかし小銃でも撃てばいつかは当たる。

所謂"ツッコミ所"を感じない。そんなかっこ良くないやろ。とも思わないし、映画なんだからそんな酷いとこばっか撮るなや。とも思わない。
全部書くのは無理ですが、本当に1つ1つの描写が、今ここが最前線なんだと思わせてくれます。

誰でも知ってる歩兵同士の沖縄戦をがっつり描きながらも、すんなり見れた(戦闘に見入りながらも衛生兵ドスがカッコいい)のは戦闘が凄いからなんだと思います。

好きなシーンは手榴弾で最後の特攻を仕掛けた日本兵、組み付いた兵同士が最期を悟るやうああああ!!!と雄叫びをあげて両者散るシーンです
死に際は三者三様ですが、1番印象に残りました


・物理的に襲いかかる最前線という現実と信仰心というただの1人の精神の有様
デズモンド・ドスって人一切知らなかったんですけど、沖縄戦って日本が悲惨に負けるか、米軍が日本兵に恐怖を感じるところに焦点が当たる事が圧倒的に多いじゃないですか

そんな恐らく一般的な日本人が知る限りの極限状況で、信仰心を持って戦争に望んだ英雄の話を描けるなんて凄いじゃないですか

極限状況だからこそ、人間の精神の凄さが伝わってきたのかも知れませんな。そんな人が実在したという事実がまた感動というか感服せざるを得ないんですが

対比ってやつですかね


・正直死への恐怖、命の軽さ、緊張感に気分が高揚した。
気持ち良いとも興奮したともちょっと違う気がするんだけど。これが感じられないと後半、最前線で1人でも多くと負傷兵を運ぶドスに感動出来ませんから。

分からんけど自分は好きな戦争描写だった。
パラララって撃たれて崖に落ちて死んだな~みたいなのも嫌だし、うう痛い助けてみたいなのが続くのも嫌なんだけど
多分バランスというか加減が自分にぴったりなんやろうな。
本当に無理な人には無理な死体とか結構映るけど別にそこがメインではない事は伝わってくるし、戦艦の砲撃でまとめて吹き飛ぶとちっぽけさを感じるし

確かに米軍兵器の強さも感じるし、日本兵の狂気も伝わってくるし、白兵戦の迫力も十分にある。
あと日本軍はあくまで脇役に収まってるところもいい。弱かったり、強かったり、怖かったりするけどあくまで脇役。
説明は出来ないけど、この出来が良すぎる戦闘シーンはあくまでドスを立てる添え物(添え物…?)なのだからまあ説明する必要なんてないだろう。


・周囲の人間たち
もう疲れたし1人1人書いてると尺がないので一切書かなかったんだけど、家族、恋人、上官、同僚、友人もドスという人間を描く上で絶対に外せない人たちです。
ドスの周囲で起こる事に関してあまりにも書かなすぎましたが、見に行くか迷ってる方は、取り敢えず脳内で今までの戦争と精神の感想にそれと同じ量くらいの人間ドラマへの期待を持って見に行ってください。


はあ、結局長くなってしまったが書きたい事は書いた。

何度も同じ事を書いてるような気もするが何度も書いた事はそれだけ大事なのかも知れない。以上

Thanatophobia

タナトフォビアって「死恐怖症」の事なんですけど、綴りカッコいいですよね

ちなみに自分は小学生の頃から軽度のタナトフォビアにかかってるみたいで、未だに治ってません。
よく死について発言する事が多いのはそのせいかも知れません。勉強嫌いなので楽して人から解決策をもらおうとしてるみたいです。

死への恐怖と言っても、
死ぬと無になる→無って何??→無と考える事も出来ない??→???
という分からなさ、想像出来なさへの恐怖が拭えない、考えすぎてしまう事をタナトフォビアとするようです。

失うのが怖い、生きているのが楽しいから死にたくない、というのはタナトフォビアには入らないようです。



サイゼリヤのLWを読んで2

関連する話が全部終わってからアンサーのアンサーを書こうかと思ったんですが、時間が経って忘れるのももったいないのでメモしておく

A.冷徹なアニメ視聴マシーンに見えるが、見ている時はそんな事を考えていない。
なるほど。別の先生にも同じ返事をもらったので、期待通りみんなアニメを同じように楽しんでいるようである。

A."考察"の教科書は他の体系の知識かも
なるほど。裏技はないというわけだ。こういった事を質問する時俺は大概思わぬ(思っている)形で安心出来る事を期待しているんだけど、勉強していない事は分からないという残酷な現実が突きつけられただけだったわけだ。

A.考察をした事はない。作品の構造や性質に興味がある(その過程に興味がある)
なるほど。確かに。


というところで自分の疑問は綺麗に晴れた。感謝。

それはさておきLWさんの2記事目だ。

ひふみという名前は不運にも覇権アニメの覇権ヒロインと同じだ。
1期放送時は舐めたいだの結婚したいだのお前のせいで楽しく見られなかっただの散々な目に遭った。

いや、2期放送を控えた今、最早散々な目に合い始めている。

そんな中NEW GAME!の画像を貼ってきて個人的にイラッとしたのでそれにこじつけてセコい返事をする。

論理的にLWさんは冷徹なアニメ視聴マシーンでない事は説明されたが、イメージは完全に冷徹なアニメ視聴マシーンのままだ。(マックの女子高生や近所の小学生に代弁させるのは宗教上の理由で許されないので自分1人で立ち向かってから援軍の到着を待つが)

アニメに対して考察や感想の掘り下げを置いてその性質や構造に着目する事に興味があるってなんだ?
なんだ??ってなるから私一般人的には考察とそれ以外の楽しみ方の区別が付けられず、なべて考察と呼んでしまうし、冷徹なアニメ視聴マシーンと思ってしまうのでは?

くれぐれも、お前は冷徹なアニメ視聴マシーンだ!と言いに来たのではない。
NEW GAME!から受けた不運な事故の鬱憤を晴らすのに手頃なマブダチがいたからそれを楽しんでいるだけだ。

まあしかし相手に1から10まで説明されて、俺には5から10はよく分からないからお前は冷徹なアニメ視聴マシーンだ!と言うのはいくら何でも下がりすぎなので、LWさんは今日から"冷徹なアニメ分解マシーン"だ。

これは説明とも自分のイメージとも矛盾していないはずだ。
アニメを分解しているし、基本的に"1周目"の楽しみ方しかしていない自分から見たらアニメを"分解"してしまっているような印象を受けるからだ。


LJLを観戦しながら書いたので意味不明な文になっているかも知れないし、これで機嫌を悪くして次の返事が来なくなっても困るのでフォローしておくと

サイゼリヤのLWを読んで。に対して"語ることと恥"というテーマを見出してくれた事に対しては感謝と感嘆しかない。

恐らくオタクとは切り離せないテーマだし、あのブログの中で唯一冷徹なアニメ分解マシーンと対等である(アウトプットを行い、質問者と解答者である)事を諦めた点だし、アウトプットを有耶無耶にした点だからだ。

というわけでまあ2記事目の事は忘れて3記事目を正座で待つことにする。
プロフィール

ひふみ

Author:ひふみ
遊戯王を頑張っていた跡地
現在は主にアーケードゲーム等の日記を付ける場所。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
P4U (1)
検索フォーム
リンク
ついったー。
 
バナーがあった。