アベンジャーズ インフィニティ・ウォー 感想

アベンジャーズ、というかマーベルは何か数多いし、見た作品数もかなり少ないし機会があったらで…みたいな感じでスルーしていましたが

またしても信頼出来るオタクの一言で「あっこれ俺が見るやつだ」と天啓を受け、見てきました

アベンジャーズ関連作品を見てから見に行けというのは重々承知しているのですが、これそんな事してる場合じゃない…となったので以下のような状態で行きました

・アベンジャーズ(1)
・その他アベンジャーズ以前のマーベル作品をいくつか。とか。キャラクター個々人は大体分かる
・あとこれ。重要資料一瞬で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に追いつきたい人のためにアベンジャーズの現在をまとめました


-----↓ネタバレ無し↓-----


第一声。大御所の作る、シリーズ節目の"転"作品凄すぎた。

"アベンジャーズと呼ばれる一連の作品は、アメリカのマーベル・スタジオが企画する「MCU」(マーベル・シネマティック・ユニバース)というプロジェクトで作らている映画です。

MCUの作品は全て同じ世界観で地続きとなっており、単独で活躍してきたヒーローたちが「アベンジャーズ」としてクロスオーバーします。

2018年現在、MCUはフェイズ1~フェイズ3で構成されていて、今後もフェイズ4まで公開される予定です。

そして2018年4月27日公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はフェイズ3の締めくくり(の前半)であり、さらにMCU開始10年目を飾る節目の作品でもあります。"



マーベルよく分かんないし~とか言ってる場合ではない。上のブログでは、最短で追いつく7作品とかも紹介しているけど、正直それに躊躇してインフィニティ・ウォーを諦めるくらいなら、今すぐさっきのブログを読んで映画館に行こう。

ファンサービスではなく作品として完成されたクロスオーバー、ユーモア、戦闘、造形など細かいところどこを取っても凄い完成度、そして究極に近い物語。

最近の記事で色んな人が楽しめる映画って凄いよなーって言ってたんですが、この映画まさに「最近の映画で1つ、人に勧めるなら?」という問いに明確にこれと推せる映画です。凄い。凄いしか言ってねえな


-----↓ネタバレあり↓-----






まずお伝えしたいのがマーベル入門者にも関わらず、こんな集大成的なのを見ても面白いかな?と正直ナメていたんですが、ナメすぎてた。マーベルやばい。

まず、オールスター集合→主役サノス紹介→結果→どうなるの?というシリーズ節目としての面白さが完璧に詰まっていて、過去こいつの活躍を見たいとか、次も見たいとかそういう気持ちにさせるエネルギーが凄かった。

サノスがガモーラと合う前辺りまで、うわこれ初めて見るガルパンが劇場版ガルパンのやつだ~!!っていう感想を用意しかけたんですが、壁にヘドバンした。これ以降ガルパンというワードは出てきません。これはアベンジャーズ インフィニティ・ウォーの感想だからです。


・キャラクター
各々が映画数作品分の背景を持って、きっちり集約させた作品、ある?
自分は初めて見た。

・すき
マンガ的なお約束をしっかり守った戦闘、それでいてカッコいい。スパイダーマンが船に穴を空けるところとか、グルートが柄を作るところとか、コングラッチュレーション!!つって立ち上がって拍手、しちゃうよね…した…心の中で…

サノスの部下(女)すき。

ロケット・ラクーン、個人的に思い出があるのですき。丸太だー!

ドクター・ストレンジ、すき。次見るならドクター・ストレンジ。シビル・ウォー見ろやって怒られたけど。

でもやっぱり、サノスがもーーっとすきです。


・本当に分かり合う事は必要なのか

サノスが(この作品以前)何をしてきたかは、ガーディアンズ・ギャラクシーでこんな感じだったんだろうなと勝手に補完して。ロキと違ってサノスは自らの信念を持ち、必要な力を持っている事は伝わってきました。

"これは慈悲なのだ。"

こんな事を言って成敗される悪役はごまんといます。慈悲だと思っているのがサノスとサノスの支持者だけだから。とか、人の命は奪ってはいけないから、とか。

今回戦いは主義主張の対立による戦争でも、人間の闇と光の戦いでもありません。自分たちはサノスを敵や対抗勢力とみなす事が出来ず、ただ深い絶望とともにサノスの歩む先をじっと見ている事しか出来ません。

慈悲とは自己犠牲が根底にあり、与え合うものではなく与えるものであるから。


・愛のために死に、世界を救えるか。

こうなるとは全く思わなかったんすよ…周りの立役者が主役級に凄いとは言え、これが本当に凄くて震えた。

ソウルストーンの入手で決定的になりますが、サノスは確かに自分の信念のために生き、ましてや憎しみや欲求のために戦っていません。

"私は、新しい世界の幕開けを眺めるだけだ。"(だっけ?)

生物を救うという使命を持ち、そのために必要な力を備えており、自分を犠牲にする覚悟(ガモーラを殺す)が確かにある事を証明します。"慈悲"そのものです。


対してアベンジャーズはというと、キャプテンは自分を殺す覚悟と力が足りず、サノスを止める決定的なチャンスをふいにしてしまいます。

ドクターには全てが備わっていましたが、全宇宙を救うサノスに対し、自分を中心とした世界を救う手段を取り、敗北します…
ドクターはちょっと特別なのでアベンジャーズに詳しいと見え方が違うかなと不安なキャラですが…

そしてスカーレット・ウィッチもまた全てを備えており、愛する者のために、世界のために死ぬ覚悟がある人でした。しかし、サノスに負けてしまいます。つらい。

結果、相互理解は何の意味も持たず、ただ愛と覚悟と力の圧倒的な差でサノスは勝利し、信念たる指パッチンを実行します。

そして、理想主義者に物語が託されそうです…


気付いたら説明してました。

これが自分の見たアベンジャーズ インフィニティ・ウォーでした。

個々人が自らの信念と相互理解によって行動しても、世界は幸せにはならない。

世界に対する愛(この世で最大の慈悲と言える)が、個人や自分が信じる世界に対する愛に勝利し、しかも神の力を以て本当に世界の幸福を実現してしまいました。


宇宙を舞台に多種族で繰り広げられる闘争と、多様なヒーローと多様な思想があって、それらが、一挙に否定される。凄い映画だった…

ここまでやって、どうなるの?と思って当然で、「MCU」(マーベル・シネマティック・ユニバース)最終シーズンを締めくくる作品の前編として凄すぎる出来だったと思います…
スポンサーサイト
プロフィール

ひふみ

Author:ひふみ
遊戯王を頑張っていた跡地
現在は主にアーケードゲーム等の日記を付ける場所。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
P4U (1)
検索フォーム
リンク
ついったー。
 
バナーがあった。