ラヴァルのラ

この記事を書くにあたって、テッペンさんのブログの記事を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。


!CAUTION!
この記事はラヴァルを使うのではなく、使われる側として分からん殺しされなくなる程度の最低限の知識を得る内容です。これを読んでもラヴァル使いにはなれません。ご了承下さい。

最近、星祭で優勝、J-SPEED、TCS、名古屋CSでラヴァルが入賞し、公開されているレシピも一気に増えて来ました。

大まかにヘルドッグと妖女を採用する型(http://blog.livedoor.jp/mitsu713/archives/52029462.html)と、採用しない型(http://yugiohblog514.blog33.fc2.com/blog-entry-968.html)に分かれているようなので、その前提で話します。
見なくても読めるように書いたつもりですので、忙しければデッキレシピは見に行かなくても大丈夫です。



テキストを把握しましょう。

《ラヴァル炎火山の侍女》 †
チューナー(効果モンスター)
星1/炎属性/炎族/攻 100/守 200
自分の墓地に「ラヴァル炎火山の侍女」以外の「ラヴァル」と名のついたモンスターが存在する場合にこのカードが墓地へ送られた時、自分のデッキから「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事ができる。

侍女。これを連鎖的に落として使います。侍女がいる時に侍女を落としても意味がないのはとりあえず覚えておきます。
ブリューナクなどの手札コストにしても効果は発動しない。



《ラヴァル炎湖畔の淑女》 †
チューナー(効果モンスター)
星3/炎属性/炎族/攻 200/守 200
自分の墓地に「ラヴァル」と名のついたモンスターが3種類以上存在する場合、自分の墓地に存在するこのカードと「ラヴァル」と名のついたモンスター1体をゲームから除外して発動する事ができる。相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して破壊する。

淑女。ラヴァルと言えばこいつの存在をイメージする方が多いのではないでしょうか。セットカードしか破壊出来ない事と、3種類ラヴァルが落ちていないと効果起動出来ない事を覚えておきます。



《ラヴァル炎樹海の妖女/Laval Forest Sprite》 †
チューナー(効果モンスター)
星2/炎属性/炎族/攻 300/守 200
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、自分フィールド上に表側表示で存在する「ラヴァル」と名のついたモンスターの攻撃力はエンドフェイズ時まで、自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついたモンスターの数×200ポイントアップする。

妖女。ラヴァルの女の子系列でテキスト確認の筆頭。採用しない人もいる。2チューナーであることが重要っぽい。1キルのパターンに有用らしいので後で少し書きます。



《ラヴァルのマグマ砲兵/Laval Magma Cannoneer》 †
効果モンスター
星4/炎属性/炎族/攻1700/守 200
手札から炎属性モンスター1体を墓地へ送って発動する。相手ライフに500ポイントダメージを与える。この効果は1ターンに2度まで使用できる。

炎熱伝導場で落とせる4非チューナーという役割です。これで侍女捨てても効果は発動出来ないです。引いてしまうと結構弱いポジションです。



《ラヴァル・キャノン》 †
効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1600/守 900
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、ゲームから除外されている自分の「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。

爆発で釣れない。増援で呼べる。結構役回りが多くて強い。黄金櫃3積みが成り立っている要因でもある、ように見える。
シンクロも釣れるのが強さの秘密。



続いてシンクロモンスター。これ書く前まで自分もあやふやでした。

《ラヴァル・ツインスレイヤー/Laval Dual Slasher》 †
シンクロ・効果モンスター
星5/炎属性/戦士族/攻2400/守 200
チューナー+チューナー以外の炎属性モンスター1体以上
自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついたモンスターの数によって、このカードは以下の効果を得る。
●2体以上:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
もう1度だけ続けて攻撃する事ができる。
●3体以上:このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

☆5でラヴァル。2400で意外と強い。効果は今は活躍しにくそうだが、召喚した時にはまず3体以上という条件は満たしているので、TGで延命しようなどと思ったら大事故起こすので注意。数少ない爆発に対応したシンクロ。



《ラヴァルバル・ドラゴン》 †
シンクロ・効果モンスター
星5/炎属性/ドラゴン族/攻2000/守1100
チューナー+チューナー以外の炎属性モンスター1体以上
自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついたモンスター2体をデッキに戻し、相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して発動する。選択したカードを持ち主の手札に戻す。

爆発から出されれば2枚はまず戻される。伝導場でめちゃくちゃいっぱい戻す…事はないか。
これを中継して除去しつつ次に繋がれる。



《ラヴァルバル・ドラグーン》 †
シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/ドラゴン族/攻2500/守1200
チューナー+チューナー以外の炎属性モンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動する事ができる。自分のデッキから「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を手札に加え、その後手札から「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る。

かなり重要。ヘルドッグ戦闘破壊でいきなり回りだす要因。メインフェイズに1度なので、キャノンで蘇生して効果使ったり出来る。



《ラヴァル・ステライド》 †
シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/炎族/攻2700/守1800
チューナー+チューナー以外の炎属性モンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、自分は手札を1枚墓地へ送る。このカードがカードの効果の対象になった時、自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、その発動を無効にし破壊する。

アド損に見えるが、墓地に送る事が出来るとも読み替えられる。とにかく耐性が強烈。
蘇生やキャノンで出した時は手札を墓地に送る必要はない。
これも採用が別れる。7レベ枠として扱いやすいスクラップデスデーモンの場合も。



《エンシェント・ゴッド・フレムベル/Ancient Flamvell Deity》 †
シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/炎族/攻2500/守 200
炎属性チューナー+チューナー以外の炎族モンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、相手の手札の枚数分まで相手の墓地に存在するカードを選択してゲームから除外する。このカードの攻撃力は、この効果で除外したカードの枚数×200ポイントアップする。

墓地アド消去。シンクロ素材に炎族指定があるので、実質マグマ砲兵+淑女でしか出せない。つまりキャノンでは出せない。一応使った後爆発で出せる。


シンクロおわり。
意外と(?)ラヴァル専用シンクロ強いので覚えなくては。
素材指定があるので、ぐるぐるされてる時にライブラ+チューナーでラヴァルシンクロとか無茶苦茶されないよう…


伝導場と爆発は飛ばして…最後に魔法罠を1枚だけ。

《炎塵爆発》 †
通常罠
自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついたモンスターを全てゲームから除外して発動する。除外したモンスターの数までフィールド上に存在するカードを破壊する。

場にカードを置くデッキに対して最強の解答。
発動時にコストでラヴァルを全て除外。破壊枚数が確定していないためスターライトロードが撃てないのは有名。フィールドに炎塵爆発以外に魔法罠がなくモンスターだけの場合我が身が撃てる、魔法罠がどちらかの場に1枚でもあれば撃てない。スタダで普通に無効に出来る。



大まかな動き方

・まず墓地をためる

伝導場の場合は砲兵+侍女→侍女侍女→淑女or妖女が基本的な流れです。何も言う事はありませんが…

伝導場が強いのは皆さんご存知だと思いますが、実はヘルドッグ戦闘破壊も伝導場とほぼ同じ墓地肥やしの威力です。メイン2ではありますが、シンクロが1体出る分伝導場より強いとも言えます。
ほとんどが、ヘルドッグで妖女を特殊召喚→ドラグーンシンクロ→侍女呼んで侍女捨てるor侍女持ってたらキャノンサーチして侍女捨てる→墓地がヘルドッグ妖女侍女侍女侍女もう1体(淑女or砲兵)になる。

2枚使用でちょっとだけ弱いですが、櫃+キャノン(増援)も大体同じ威力。
櫃で妖女除外、キャノンで妖女→ドラグーンで侍女侍女侍女もう1体(淑女or砲兵)
このパターンは爆発で釣れる非チューナーがいないので恐らく砲兵を落とすでしょう。

ヘルドッグ+砲兵→チェイン、砲兵コストで侍女落とす。でもスタート出来ます。妖女採用してなくても墓地は肥やせますね。。


・展開例
ラヴァルは爆発がキーカードです。爆発を撃てなければ大した動きは出来ません。
使い込んでないので色々なパターンは紹介出来ませんがご勘弁下さい…あくまで例です。

①伝導場+爆発+4非チューナー。先攻で回す。
伝導場で砲兵、侍女、侍女、侍女、妖女を落とす→爆発で5体。→ライブラ出す。4非チューナーを召喚。3ドロー8レベ。
4非チューナーが砲兵やキャノンだった場合、ドラゴン→ドラグーン→8レベとシンクロして行けるため、場のカードをバウンス、墓地に淑女を置くなどしながら展開出来る。
手札を6枚持っておけるため、先攻で動く意義は十分にあるようです。

②ヘルドッグ戦闘+爆発
ヘルドッグ+妖女=ドラグーン→侍女、侍女、侍女、淑女を落とす→爆発でヘルドッグ、侍女、侍女、侍女を蘇生→ライブラ+8レベで2ドロー。
もしくは
ヘルドッグ+妖女=ドラグーン→侍女、侍女、侍女、砲兵を落とす→爆発でヘルドッグ、侍女、妖女、砲兵を蘇生→ヘルドッグ+侍女+砲兵=トリシューラ、ドラグーン+妖女=8。

③櫃キャノン+爆発
ヘルドッグのメイン1で動けるパターンとも言える。キャノンが爆発に対応していない分少し弱い。ただ、意外と少ない1キルルートでもある。
キャノン+妖女=ドラグーン(妖女で2900)→侍女、侍女、侍女、砲兵を落とす→爆発で侍女、侍女、妖女、砲兵を蘇生→砲兵+妖女=2体目のドラグーン。2900、100、100、2500の場が妖女の効果で3700、900、900、3300。相手の場に何も無ければ終わり。
ステライドを出す手札の余裕があるならば、爆発で同じ内容の蘇生から、砲兵+侍女=ドラゴン(1枚相手バウンスを挟む。)、ドラゴン+妖女=ステライド。で3700、900、3500で終わり。相手のを1枚どかしつつなのでかなり強い。


ちょっと休憩。ここまでで何となく分かると思いますが、実は空の状態から墓地肥やし→爆発の流れのみで8000ダメージはなかなか出ません。ほとんどの場合非チューナーが2枚しか用意出来ないためです。
特に淑女の効果も使いたいとなると尚更です。展開パターンに淑女で割ってからのものが入っていないのは、淑女割りから入ってキャノンを持っていても、大して強い動きが出来ないからです。
ちなみに伝導+爆発+キャノンを持っていて、淑女効果使用してから展開すると、ドラゴン経由のステライドドラグーンか、ドラゴン経由のライブラ8侍女(2ドロー)が限界っぽいです。

④バトルフェーダー+伝導+爆発+(非チューナー)
伝導場で砲兵、侍女、侍女、侍女、砲兵を蘇生→ライブラ、フォーミュラ、ドラゴンと作って終わり。ドラゴンの2枚バウンスを挟めるのでかなりの確率で1キル。
まあ序盤に伝導場撃った時に砲兵2枚目落とすことは少ないと思うのですが…最後が淑女や妖女でも、召喚権を使用していないため手札に4非チューナーを持っていればクェーサー出せます。
逆に、何もない所から手札のフェーダー通常でも出せますね。

とりあえずこの辺で終わりにします…爆発2枚のパターンは分かんないっす…とりあえずしぬんじゃないでしょうか(



・淑女
ラヴァル戦はこいつのプレッシャーに押されがちですが、ラヴァル側としても気軽に撃てる物ではありません。キャノンが無ければ爆発の威力はガタ落ちしますし、侍女は1体ずつ減っていきます。逆にキャノンがあれば攻めの1手目として使われてしまいます。



・罠の打ちどころ
攻め手はヘルドッグ、キャノン、爆発です。
気を付けたいのは、普通のデッキならば破壊や除外などの罠はシンクロに撃つのが無難なのですが、奈落したシンクロをキャノンで帰還された、ドラゴンを激流で流したせいで淑女で除外されキャノンで戻ってきてもっと酷い事になった…などなど…一概にどこで打てば正解!と言い難いのが難しい所です…
やはり淑女でシンクロ除外を許すとキャノンの威力が一気に上がってしまうので、シンクロを待つよりは使える物はすぐに使った方がいいように思われます…ライブラ消せたら少し弱くなるのでいいんですけど…
フリーチェーンならとにかく非チューナーを消します。DDクロウでも同じです。



・型による違い
成績を残しているのは、ヘルドッグ、妖女を採用した型と、採用しない型に別れています。インフェルノやブーストウォリアー等の非チューナーを採用した1キル特化型は見当たりませんでした。

基本的に自分が回す事のみを考えた場合、ヘルドッグ、櫃キャノンからのドラグーンで墓地肥やしが可能になっているヘルドッグ妖女採用型の方が回るのでしょう。
また、この型の場合ドラグーンをよく使いますが、手札に侍女を持っていた場合キャノンを加えつつ墓地肥やしをしたり、墓地が肥えている状況でもラヴァルがあればキャノンをサーチ出来る事が強みです。

環境に合わせて…というかかみそーさんが使って入賞されたラヴァルはヴェーラーと増殖Gとフェーダーが採用されていましたね。回せない分防御力とドローで補い、フェーダーからのクェーサーでキルのギミックを増やした感じなのでしょうか。
こちらの型は解説などを何も見ていないので詳しくは分かりません…



・弱点…?
と言ってもとにかく自分で使ってないのが痛すぎる…
ヴェーラーは1:1交換に微妙に届かない可能性が高いです。クロウは伝導場に撃つと1発で爆発の準備までは行かなくなります。(砲兵侍女落とした所に砲兵除外すると、侍女ともう1枚落ちた所で止まる。)
連鎖は刺さります。爆発で侍女と淑女(妖女)が全部除外…
ローチもヘルドッグ相打ちやゴーズから守りさえすれば強いです。爆発1枚分はローチで止まります。妖女が絡んでいると1体シンクロを捨ててからのキャノンや砲兵のアタックで解決されますが…うーんどうなんだろ?
マクロは完全停止。伝導場で圧縮出来ない。ヘルドッグ発動しない。淑女で割られない。
ゼンマインは置いとくだけだとドラゴンで一撃なので信用出来ない。スタダも同様。単体では耐性は無いに等しい。
シンクロせずに攻める事は少ないので、ライオウは良い壁になる。

まあ、ラヴァルが流行ったら私は封魔の呪印積みますww


・簡単な情報戦
伝導場で落とした時に→侍女が2枚止まりならば1枚手札か場にある。砲兵2枚なら恐らく非チューナーが手札にない。
淑女でラヴァルシンクロを除外しなかった場合、蘇生なのかも知れない。
序盤のヘルドッグで妖女が呼ばれなかった→恐らく手札にいる。



ここまでで終了。読んで頂いてありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

クロウは意見が分かれる気がする。
自分のデッキにもよるけど伝導場に撃って遅くするのか爆発に撃って不完全で消費させるのか。
あとマクロはきついけど気を抜くとキャノンからの薔薇で解決されるから過信禁物。
何度やったか…
プロフィール

ひふみ

Author:ひふみ
遊戯王を頑張っていた跡地
現在は主にアーケードゲーム等の日記を付ける場所。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
P4U (1)
検索フォーム
リンク
ついったー。
 
バナーがあった。