命を賭した― 賢者の地上戦。

それはある日の夜

私はとある街のとある店の待合室にいた

暗く、しかし重くはない不思議な空気が流れるその部屋で、おもむろに聞いた事のある名前のマンガを手に取る

自殺島


特徴的なお顔を描くホーリーランドの作者だ

その重々しい題名の通り命をテーマにしたマンガだ

どうやら作者は生死の境を彷徨った事があるらしく、その経験の前後では世界が変わって見えたという。

なんだかマンガの内容も合わさって凄く…重いとか悲しいのではないが考えさせられる…そんな気持ちになった。


自分は自分の死を意識しない。怖い夢を見そう。何か心臓がバクバクして寿命が縮みそうだし。

最近この話を適当に近しい人にしてみるんだけど、あっさり死ねるなら死にたい。とか、別にいつかは死ぬんじゃない?とか

自分ほど死(無)そのものに怯えてる人はいないようだ

あ、自分は無宗教です。親はどっちかって言うと孔子の教えかなあ?とか言ってたけど何か信ずるものがあるわけでもないので無宗教です。


たまーーにこのブログでも書くように最近オタク成分ばかり摂取していて、こんな事考える機会がなかった。自殺島は死に関して何か面白い事を言ってくれるかな?

続きが読みたくなってしまった。読みたいマンガはたまる一方。


どうぞ~~



自分は待合室にいるんだった。

なんてニュートラルな気分なんだろうか。

ある意味初めての精神状態だ…






電車に乗り、帰路につく俺は、「マリア様がみてる」を開く

このシリーズは他の本を挟みながらめちゃくちゃゆっくり読んでいる。

長いのもあるが(全37巻)、読み終わりたくない。この本は面白い。

そもそも男性向け百合(男性向けではないのだが)の金字塔という立ち位置で読み始めたのだが、こいつは百合以前に昔ながらのライトノベルの精神が生きている。

すっかり老害オタクと化し、なろう系に挑戦するも発作で読めなかったもれの大好物なのだ。


ちょうど半分くらいまで差し掛かった今のシーン、祐巳が瞳子にフラれてしまう。

自分の気持ちを素直に伝えれば必ず伝わるとはよく言ったものだが、受け取るのは相手であり、相手もまた人間である。

そういう事がよく分かり、また重くのしかかるシーンである。

ああ、祐巳も祥子さまもなんてカッコいいんだろう…濃い人間ドラマを描きながら、その悲しみから救ってくれるのは「姉妹」という友達でも家族でもパートナーでもない存在。


そんな思わず泣きそうになったところでカラッと令ちゃんが祥子さまの元を訪れるシーンへの転換は最早救済。

何で落とされた相手に救済されなきゃならんのか。マリみて恐るべし。

ああ、ここまではるばる22巻、令ちゃんと祥子さまの友情は度々示唆されてきたものの2人きりで1話使うのはこれが初めて。
門を出る時の短いやりとり…挿絵の効果もあるんでしょうな。あれだけ怒濤の展開で、最後に自転車2人乗りの引き…
はぁ…

語彙力のない女子はここで尊いという言葉を使うのでしょうな。

尊い。じゃないんだよ。君の中では何も生まれなかったのかね?
尊さ受け取って満足してんじゃねーぞ。


マリみては地上戦

そう言い放った男がいると言う。


勿論全てを聞いたわけではないが、その単語を選んだ意味が、俺には分かる気がする。

"基本"ではない。"地上戦"なのだ。

基本とはおおもと、よりどころ、基礎、そんな意味である。

地上戦は確かに基本という意味合いもあるけど、少し違う。

地上戦はスキップ出来る。基本がないと応用は成り立たないが、地上戦がなくても空中戦は成り立つ。しかも地上戦よりも効果が大きい。

だからマリみてを読まなくてもコミック百合姫は読めるしめちゃくちゃ面白い。

重要な事として、ここで終わってもいい。空中戦は面白い。これは間違いない。


しかし、空中戦で勝負が決まらなかったらどこで勝負をつけるか?

いや、戦いの本質は空中戦にあるのか?

派手で効果が大きい事が、本質ある証左なのか?

違うだろう。そういう事だ。

マリみては、地上戦である。


少し軽くなった財布をしまい、夜道を歩き出す。

やっぱり1人より2人…なんてな…


おわり

今日のゲーム

ハースストーン
ランクを30戦ほど
使っているのは
http://www.hearthstonetopdecks.com/decks/ryzens-yoggragnaros-rogue-12-wins-heroic-tavern-brawl-november-2016/
このローグ

コンボなんて適当でも強いんだから序盤からボードを取るミラクルローグがあればなぁと思ってたらこのレシピが降ってきた
使ってみると楽しいので続けて使ってる

円環を1枚ウーズにしてる。強いため

単純なパワーで負けてる感は否めなくて、ただ自分が今シャーマンとかウォリアー使ったってローグに比べたら勝てないだろうなーって事でローグ使ってる

自分に今足りないのはボードとライフと手札どれを取るかっていう中盤の選択
あと終盤選択肢がある時の考え方

この辺って何となく練習しても身につかないので要注意ですわ。逆にどうやって身につけてるんだろうね?


LoL
3試合。
サポートは難しい。以上。

ルブランは速さの代わりに火力とウェーブクリアを手に入れた。使っていけそうなのでまた練習。
Ultで何でもコピー出来るのがとにかく強くて、WEからもう1回Wとか、WEヒット確認Qからもう1回Eとか、順番に気を遣う必要がなくなって良かったなって感じ。


ブレイブルー
2時間ほど。ライチに浮気中。
2017のEVO2つに出たいのでキャラは絞らねばならぬ。
調整が来るかどうかも見極めたい。



明日は駒場祭。ゲームは夜だけかな。

BUD VIRGIN LOGIC

BUD VIRGIN LOGICがかーいすぎて手を出しそうになりました

ブレイブルー
溝の口で2時間
家で1時間半
ライチで対戦。各種コンボのトレモが必要。
あと適当に固めて攻撃力落としてしまう悪い癖が再発しているのでそれもトレモ。
そもそもナインと迷う。
あとCF最初の方やってないしアケ後半もゲーセンから遠ざかってたから、知識も実力も抜け落ちててかなり辛い。
今乗ってるレールはEVO0-5のレール。(5回負けれんのか?


ハースストーン
クエスト2つ消化して、テンポ重視ミラクルローグで10戦ほど
カードはマジで少しのヒントで大きく伸びるから、プレイばっかじゃなくて調べ物する時間を取る必要がある気がする


ギタドラ
4クレ
バス2連符を疲れずに踏める方法を考え中。日によって足の疲れ具合が全く違って何かがおかしいので、原因を突き止めたい。


ガンダム
ルージュとヴァサーゴで15戦ほど
正直ちゃんとやらないならこのゲームやめたい
何となくやってしまう…罪…


マジック
対戦はせず。
青赤の速度変更を軸に何か組めないか模索中。


おわり

1番になるとは

あほな人間でも取り敢えず寝て起きてれば考える時間が積み重なって、偉い人が言ってる事が少し分かるようになる


自分が何か成長しようとした時とか、プレッシャーに勝とうとした時、続けるモチベーションを用意する時、何でもいいから人と比べる何かをしようとした時に、考えてた事は挑戦者でいる事

成長って言うとぼんやりしてるから強くなろうに言い換えると、挑戦者でいれば強くなるしかない。挑まなきゃいけないから

自分がプレッシャーを感じる時は何か守るものがある時(大事じゃなかったりするんだが)
挑戦者でいれば失うものはなくなる

やる気がなくても競争心から来る悔しさがあれば奮い立つ事が出来るし、王者がいる限りそのトリガーはなくならない

そういう考えで殆どの事を乗り越えたり諦めたりしながらやってきたけど、挑戦者という事はいずれ王者になる意志がある事の裏返しで、つまり自分もいつかは王者になる時が来る



王者とは言わないまでも、お山の大将くらいになる機会はこれまでにもあって、どうやっても挑戦者の気持ちにはなれない事があった

お察しの通り、挑戦者精神でやってきた自分はそういう環境では何も成長しなかった
他の事に対して挑戦者でいる事で何とか誤魔化していた


すると当然こう思う
自分は挑戦者でいる事で全ての原動力にしているのだから、王者にはなれないのでは…と


「勝ち続ける意志力」
皆さんご存じ、梅原大悟が書いた1番で居続ける方法が書いてある本

はー1番で居続ける人は凄いなぁ、なれたらいいなぁ
という感想だったのだが
それじゃ自分はどうやっても1番になれないじゃん!

人それぞれ自分なりの考え方ややり方なりがあって、自分のそれは"挑戦者"なわけだけど、この道の先に1番はないなぁって


父親はいろんな事が出来るようになりなさいって教えを持ってて、自分の中にしっかり根付いてるんだけど、それは1番に目指さない免罪符ではないし、勿論そういう意図はないだろう

自分で作ってきた挑戦者ってやり方と、いろんな事をやろうって考えの合わせ技は、実は楽に過ごすための方法だったんだなぁって思えてくる

いや、今気持ちよく生きていられればそんな事を考える必要はないし、考えずに過ごしてきたけど



ふと、今は亡き厳しい母方の祖母が小1の入学記念に色々送ってくれた時に同封されていた短い手紙を思い出して

一方母方の祖父は無口な人なので確か、大事に使ってねとかそんな感じの手紙をくれて、父方の祖父母ものびのび方針だったので特に何も言われずに今まで来ている

そんで本題の母方の祖母の、最初で最後の手紙は

「一番になりなさい」

たった一文の教え。小学校入学したての俺に

お祖母さん、1番になるのは2番から1つ上がるより1000倍は難しそうです


でも

偶然にせよ何にせよ、長く生きている人はその年数分考えた事をきちんと教えてくれたんだなーと



1番で居続ける事の難しさが自分の脳みそで結論付いた、そんな帰りの電車

2015俺が選ぶオタク音楽ベスト10

ちょっと早いけど世間は年末!

何より月1は更新してたつもりが最近さっぱりだ!


音楽って自分で見つけるよりも、人から聞いたふとした1曲から趣味が広がっていったりして。合わないなら合わないで5秒で聴くのをやめればいいし、教え得だと思うわけです。

ジャンルで言うとメタルかも知れないけど、自分が好きな音楽って基本的にアニソン、ゲーソン、J-ROCK風味なので、メタルはちょっと…みたいな食わず嫌いは損をしてるかなって思うな!今年のラインナップは特に!

試聴も貼ってあるから、もしこっそり聴いて気に入っちゃったら是非みんなも2015のベスト10を教えてくれよな!


10位
Vampire/Unlucky Morpheus
いきなり出させて頂きました。電気式華憐音楽集団のキラーチューンのカバー。
個人的に今年は日本のメタル勢の人たちが色んなコラボをしたり、アニソンを手を組んだり、同人出身がバンド組んだりetc
コテコテのメタラーだぜって人以外の自分のようなオタクを引き込むような動きが多かった気がする。

fuki嬢×往年の名曲が良くないわけがない!
あとイントロでセリフが入ってるんだけど、これは本家のデンカレがライブの時に言ったセリフなのね(デンカレの原曲にセリフはない)
その辺のサービス的な意味でも点数の高い1曲。

アルバム「Vampir」に収録されています。オタクショップ等で購入可能。


9位
吹雪/西沢幸奏
艦これのEDテーマ!
OPの海色も本当にかっこいいんだけど、吹雪のカッコよさには勝てず!

良くも悪くもフツーなボーカルなんだけど、本当に音楽がカッコいい。
アニメの方を強く意識したアニソンが良く出来てるとこうなる、という例

おまけ(本文)
私が好きなICDDが吹雪のカバーをしていて、個人的にはそっちが好きなので貼っておく。
V系、うるさい音楽に抵抗がなければ是非是非是非是非聴いてほしいアレンジ。
Imperial Circus Dead Decadence - 吹雪(Kan Colle Cover)


8位
赤裸ライアー/Gacharic Spin
ガールズバンド+アイドル+テクノ+ロック=ガチャピン!
アイドルはアイドルじゃん?ガールズバンドはなんか女の子なだけじゃん?全部混ぜるじゃん?
どっちかっていうと00年代のJ-POPとかSHOW-YAが好きな人はドハマリするかも。
SC○NDALがクソだと思ったら騙されたと思っていっぺん聴いてください。

今年の曲って事でこれを選んでみたけど、昔はもっとハードロックよりの曲があったり、もっと甘めの曲があったり色々するのでオススメ。


7位
Bite The Bullet/Mary's Blood
2連続ガールズバンド。こっちは完全にハードロック扇風機。
半端なよなよボーカルとは一味も二味も違うハスキー&パワフルボイス。
こう書くといわゆるうるさいメタルかな?って感じなんだけど、アニソン界隈から声がかかってもいいんじゃないかなって思える激熱キャッチーサウンド。いやギターの音はメタルかも知れんが…

カッコいいお姉さんにカッコよさを感じちゃうオタクは必聴。


6位
空導ノ果テ/少女病
ああ…普通のオタク曲がここでようやくランクイン…
期待に期待され発売された2年ぶりのアルバム。
少女病のアルバムは大体真ん中らへん(雑)にストーリーとの関係が薄いオタクを殺すための曲が仕込まれてるんだけど、この曲がそれ。
全米が泣きながら神に祈るメロディーライン。墓まで持って行き切れない程の重厚な歌詞。

何を聴くか迷っちゃうニュートラルな時、世界を救いたい時、そんな時にどうぞ。


5位
Imperial Circus Dead Decadence/黄泉より聴こゆ、皇国の燈と焔の少女。
さっきもチラッと出してしまったICDD…
ICDD名義としては久々の新曲。
正直に申し上げて訳分からんメタルの最たるもので、何て言ってるかもわからなメタルだったんだけど、今作はBRIDEARというバンドから女性Voがゲスト参加!
同人メタルにありがちなクリーン女性Voが欲しいけど、こんなダサい曲歌いたい人いないから適当にその辺の子を連れてきたぞ感が全くなく、超カッコいい曲に仕上がっている。

タイトルの雰囲気でビビっと来る方もいるかもわからないが、興味が湧いたら一度聴いてみると良い。
彼らにしかないまさに"沼"を感じる事が出来る。


4位
Road for Resistance/BABYMETAL
説明不要のスーパーメタルアイドル、ベビメタ待望の新曲。
BABYMETALってグループに関しては正直凄すぎて言う事がない。リンクにはLIVE映像を貼っておいたから、名前は知ってるけど…って人はこの機会に見ていただきたい。
名も無き演奏陣の超絶技巧、メタルとは対極にありそうなかわいすぎる3人、かわいすぎる声、上がる炎、シンプルながら惹きつけられる演出。ああ、ライブ行きたい。

GITADORAへの入曲を果たし、ゲームセンターで彼女たちのライブ映像が見られるようになったぞ。


番外編
3位の前に、今年は俺氏激推しのいわゆるクサメタルがランクインしなかったので、今年の曲ではないけれど今年発見した激熱クサメタルを一曲載せたいと思う。
クサいというのは、そのままわざとらしい、大げさという意味である。オーケストラのように大仰で、クサさ、またはダサさを感じてしまうメタル。それがクサメタルである。
Thirst for…/MinstreliX
間違いなく今年聴いた中で一番のクサメタルだった。もしかしたら聴いてみれば意味が分かる人もいるかも知れない。
MinstreliXがライブ会場で配っていた、初公開の音源らしいので正直クオリティが高いとは言えず、安っぽく感じられるかも知れない。
これも熱いクサメタルの世界に興味があるなら聴いてみて頂きたい。最後の一押しが本当に素晴らしい。ファブリーズに漬けて一晩おくレベル。

ちなみにアニソン、ゲーム音楽、電波ソングが大好きな人はクサメタルと親和性が高い。


3位
愛という名の咎/Sound Horizon
サンホラを知らない人はまさかこのブログを読んではいないと思うが()
一応言っておくとNein(この曲が収録されているアルバム)は過去曲のテーマを拾いまくった曲が収録されたお祭り盤みたいなものである…
と一般には言われているが、今回ゲストに私の敬愛するというか世のオタクメタラー全てが敬愛するfuki嬢が参加しているのだ。激熱という他ない。
勿論歌詞の考察、過去作との繋がりを紐解きながら聴くのがローラン(サンホラのファン)として当然の義務ではあるが、この曲はそれ抜きにしてもカッコよすぎるのではないだろうか。
そもそもサンホラにハマるきっかけと言えば、あらまりがカッコよすぎたか、朝夜がカッコよすぎたか、じまんぐがカッコよすぎたかの3択に決まっているのである。そういうハマり方を思い出してもいいのではないだろうか、そんな1曲。

新盤を持って1曲だけサンホラを聴かせるなら自分はこれを選ぶ。


2位
TOXIC VIBRATION/SOUND HOLIC Vs. T.Kakuta feat. YURiCa
まさか25歳になって再びサンホリで入院する事になるとは思わなかった。
コナミ音ゲーの曲なのだが、ポイントはYURICa嬢である。サンホリにおける参加回数は少なく、大人しい曲も多い彼女だが、速い曲を歌わせた時のパワーは目を見張る。
同サンホリでYURICa嬢が歌っているScarlet Desireという東方アレンジ曲があるのだが、JOYSOUNDへのリクエスト入曲を通すために自分1人で結構な時間をかけて3000票ほど投票して入曲させたほどだ。

ザ・音ゲーボス曲。自分が高校生だったら卒業アルバムにその名前を書いていたくらいの名曲。
飾り気のないこれがカッコいいんだろ?を詰め込んだ高速メロディ、ハイトーンボイス、語感を追及した歌詞。

これを聴きながら走っていれば海を渡るのも不可能ではない。


1位
OTNK/BiSH
う、うそやんwww
曲名!おち○こ!
カッコいいを連呼しといてまさかの1位がお○んこですwww

Brand new idol SHitでBiSH。
過去、「今抱けるアイドル」として尖り続けたBiSというアイドルをご存知だろうか。水着だのを飛び越えて全裸カット(ルールは守っています。)を雑誌に載せた本物のクソアイドル。その後輩分である。

何故これが1位か。ただのインパクト的な意味はないでもない。
が、この曲クソアイドルとは思えないほど熱いのである。謎のクオリティを放つMV、これまた謎のダンス、に不相応に熱い曲。
自分も正直何故これが1位かは説明出来ないのだ。だが、無性に聴きたくなり、謎のMVが頭に浮かぶ。別にファンでもないのに。
1位にする理由なんてそれだけ十分ではないだろうか…

ちなみにこれもちゃんとカッコいい曲である。聴いて頂きたい。
歌詞は日本語を歌って英語を聴かせるという逆空耳スタイル。OTNKをどう表現しているのか是非その目、その耳で確かめて頂きたい。



以上。如何だっただろうか。

今年は何かふとした事で存在に気付いた名曲が多かった。
そんな聴きこぼしがないか不安になってくるので、くどいようだが是非今年のベスト10を皆さんにも書いて頂きたい。タイトルだけでもいい。


長くなってしまったのでこの辺で。
プロフィール

ひふみ

Author:ひふみ
遊戯王を頑張っていた跡地
現在は主にアーケードゲーム等の日記を付ける場所。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
P4U (1)
検索フォーム
リンク
ついったー。
 
バナーがあった。