レディ・プレイヤー1 感想

(切り取り線までネタバレはありません)
(原作は読んでません。すみません)

訳の分からない日記ではなく、感想の更新頻度が上がっています。立て続けに面白いものを見たらそら頑張って更新もする


今までの感想は、"感想"を書けばいいやってスタンスで、内容に踏み込んだりあーだこーだ語る事から逃げていたんですが、yubit映研のみんなが勇気を出して時間を使って語り始めたので、自分もカッコいい事は言えなくてもちゃんと寄りの感想を書くか…と思い立って書き始めています。


レディ・プレイヤー1
90点。

断腸の、90点です。
この映画めちゃくちゃ面白くて、オタク趣味の全くない人が見たらどうなのかなっていうのはあったけど、面白かったと自信を持って言える映画

直近でオタク向けエンタメのパシリム2があったっていうのが吉か凶か。

ネタバレなし感想自分には無理や。
ただ1つ限界まで凝縮して伝えると、ハリウッドのオタク向け映画。ハリウッド知らんけど。


----------以下ネタバレあり----------

・俺はガンダムで行く

何を隠そう、この映画の最大の見どころはサービス。

「何故レディ・プレイヤー1を志望されたのですか?」
「俺はガンダムで行くためです。」

こんなの即答、即採用である。
違った答えもたくさんありますが、1番重要な事は、ガンダムで行くためにこの映画があるという事です。


さて1番、と言ったからには2番目に言いたいこともあるわけですが、自分の感想の世界に少し踏み込んで頂くために、ガンダムで行くについて書いておきたいと思います。


今回はみなまで言う事をここに宣言しておきまして、ガンダム(1st)で出撃するなら、当然セリフは「ガンダム、いきまーす!」ですが
ここでトシロウ(トシロウ)は味方の大ピンチにギアを付けず、
機を見計らい、
たっぷりとためて期待と決意が入り混じったような表情、
そして、
「俺はガンダムで行く」
ギア、装
着。

あああ~もうお前が言っちまったんだからお前に任せた!!俺のライフはお前に預けた!!あああ~!!オタク、絶叫上映ならここで泣き崩れて死にます。

ダイトウは侍のアバターなので、ビームサーベルしか使いませんし、残り1秒になってもラストシューティングしません。最後まで完璧でした。トシロウ、1番カッコ良かったわけではないけど、お前が1番だ。サービス、+40点。


・3つの鍵
劇中3つの鍵が出てきましたが、この映画にも3つの鍵があります。

最初の参加資格たるガンダムで行く事が出来、なおかつ3つの扉を開けられれば100点にたどり着けるのかも知れません。


・生き様の鍵
オアシスの世界では、一般人に力はありません。
オタク能力という本来役に立たないはずの能力が、大金という形で報われる、オタクのための世界です。
随所でオタクがオタクしている時の仕草、表情、全てが良い。

これに関しては一歩間違えばハリウッドなろうだったのですが、そんなわけはなく、ウェイドに困難と成長がある事で、別にオタク最強夢盛りサービス定食ではないよとしっかり言ってきます。

つらい目に遭うオタクに対してオタク、涙。基礎点。


・バーチャルとリアルの鍵
この映画はテーマが多く、かなり大事なはずのバーチャルとリアルの描写に関してもかなり駆け足です。
ハリデー関連の話ではあくまでリアルがあってバーチャルがあるという事が強調されていました。

SF的立ち位置が気になるオタク、涙。基礎点。

バーチャル世界をどうするか、ではなくてバーチャルとリアルはどのように関係するのかという、これだけで1つの話になるようなところを、なんとかしてお話に乗せて描ききっています。


・表現の鍵
ハリデーは、一貫してバーチャルはリアルから生まれている事、俺はここにいるんだぞという事、ゲーム(遊び)の大切さを言っていました。

ゲーマー、ただただ涙。基礎点。

ウェイドはハリデーの遺志を継ぎ、ウェイドの運営が始まり、物語は終わります。


基礎点+基礎点+基礎点+40点=100点。

優勝だ。ここにサインをするがいい。





……


・オタク
ウェイドは紛れもないオタクだ。いや、ハリデー研究チームも、アドベンチャーをクリアしてしまった彼も、オタクだ。

知識がある。熱い魂もある。頭もキレる。目の輝きは失われている。ガチ恋もする。


レディ・プレイヤー1は、どうだろうか。

美麗過ぎる映像、これでもかと詰め込まれたサービス、難しいテーマをまとめきり、オタクをリスペクトし、見事な着地…


これは、オタクか?

俺自身に聞いているんだ。レディ・プレイヤー1は、オタクか?

いや、オタクのための、物凄い映画だった。

自分にウソはつけない。


誰が見てくれるかも分からないのにパワーが上昇し続け計測不能になってしまい、もはや上昇する意味もないのに、全てを放り出して上昇し続けるような、そんなやり切る作品が、オタクの、100点なんだ。


本当にレディ・プレイヤー1は面白かった。見たこともないクオリティと面白さだった。

だけど、ハイファイブがIOIの襲撃で死んだり、ウェイドとサマンサがすぐに結ばれなかったり、ハリデーが特に何も言わずにオアシスを渡したり、ガンダムで行くが2回あったとしても、何かが変われば100点が付けられるわけじゃない。

90点満点中90点、パシフィック・リム アップライジングの96点を超えるレディ・プレイヤー1、90点。ここにあり。



・おまけ
オタクとは言え、やっぱりゲームにもクリエイターにもそこまで興味がないオタクには厳しいのかなーとも思いました。

明らかに尺足りてないけど、半端ないサービスしてくれて、ちょっとクサいけど大事な事を言ってくれて、見事にハリウッド映画としてまとまった作品だなーと思ったので、半端ないサービスにうおお出来ないと厳しいよなー

いや何でおまけ付けたかって言うと、ちゃんとした文書きたいなーと思って書き始めたんですけど、無理だったというか90点の理由解説になっちゃったんですよね。

書きたいことを箇条書きして取り敢えず書き始めてるので、感想文を書いてるんじゃなくて、言いたいことを言うために感想の体裁をとってるみたいな状態よなぁ。テンプレ欲しい。

物申すのか、GOODとBADでシンプルに感想を書くのか、解説をするのか…

わしは今こんな話に興味があるのじゃが

最近キーボードのかな入力を始めて、ブログを書く速度が0.3倍くらいになりました。
いずれ1.2倍くらいになる予定です。

もしかして全く同じ事を書き始めようとしても、違う媒体で書いたら違う文章になるのかなぁなんて思ったけど、活用出来なさそう


・AIに奪われるのは仕事ではないよね??
何か分かりやすいから広まってしまったのか、誰かたちが言い出したのか知らんけど、何で高性能な脳みそが完成して真っ先に単純作業が奪われんねん
そのAIを作った何かの考える方向に思考が誘導されるようになるのが最初じゃんね
早くルールを決めないと危ないぞ!っていう英語の文があったんですけど英語だったので読めませんでした

人間の脳みそとAIの差なんてないのと一緒なんだからそりゃ早くルールを決めてみんなで覚えないと手遅れですわな

攻殻機動隊やBEATLESSの世界はまだまだまだ先ですな。悲しいなあ


・マヤ神話にいる自殺の神
基本的に神は自殺を推奨しません。そりゃそうよな
が、オタクなら一度は聞いたことがあるマヤ神話には、首吊り自殺した時に天界に連れて行ってくれるというイシュタムという神がいるそうです。

凄い。信じてたら初手首吊りが本当に最適解になっちゃう…

結構昔の神話で、文献があまり残っていないそうです。どんな理由があっても自殺の神はなかなか作らないと思うんだけど…
なんでも神様に見立てる汎神論から生まれたって書いてあるし、切腹したらカッコいいのと同じ感覚なんかな


・サイバー一揆
ご飯が食べられないとか、独裁者がお金をガメてたら反乱が起こるじゃないですか
そんな感じの事が将来起こるのかなーと想像すると出てくるのが、最近流行りのディストピアで、昔のSF小説ではセンサーをかいくぐってタワーを爆破したり、スーパーハカーがシステムを破壊したりしますが、それってまだAIに現実味が無かった頃の話なわけで、

勇者「追い詰めたぞ輝夜月!貴様を殺して平和を取り戻す!」
月「竹wwwww月ちゃん体とかねーしwwwwwそこのサーバーでも壊せばwwwww」

みたいな一揆の起こしようもないやつ
これも生きてるうちには起こらなさそうだけど、せめて、みんなが異世界から戻ってきたらそういうSFをたくさん読んでみたいです

あとは現代のクトゥルフ的な、神がいない世界の人間を冒涜するようなお話が出ると良いな~と思います
それに恐怖出来るのか分からんけど

そういったお話に心当たりがありましたら、是非紹介してください

もしないなら、自分はむしろ今新しいSFを作って楽しまんでどうする!と思ったりするけどどうなんでしょ。もうそんな話をフィクションの小説にしようって考え方が下火の原因そのものなのかな。HAHAHA

おわり。Das feenreich

パシフィック・リム アップライジング 感想

96点も付けてしまったので、感想を残しておきます。

うだうだと語る必要のないうおお系なので、感想短くなるといいなぁ

今回は一応見た人向けの感想になります。続編ですし。


書き終わったらそこまでネタバレしてませんでした。してますが。


・パシフィック・リムが紀元前の100点だった理由
うおおおオタク!!!だからです。イェーガーがカッコいいからとか、日本カルチャーへのリスペクトが凄いからとか、森マコガチ恋オタクだからとかは要素に過ぎないわけです。

作品全体がそういった限界オタク要素、展開を最後まで高い純度で投げ続けてやり切るから100点だったのです。

そういった意味で、アップライジングはハードルの高い続編の中でやり切ってくれたと感じさせる、基礎点100点の作品でした。


・ストーリー
前作はKAIJUの謎やイェーガー初登場のインパクト、あと森マコ(個人の感想です。)で引っ張っていて、続編である今回はそれらを贅沢に調理して振る舞われました。

前作の時点でどこまで構想されていたかは謎なんですが、これだけの事を詰め込めるのはやはり、パシフィック・リムという調味料があっての事だと思いました。

そういうもんだ!と進んで行けるパワー、それを惜しみなく使ってここには書ききれない程の要素が投げつけられたわけです。

ぼくは怪獣の血の話が1番好きです。いやどれも1番好きですが…


・何が刺さったか
感想なので自分に刺さった場所も記録しておきます。

やはりアナハイムが映ったところ。正直前作は怪獣作品のオマージュが多く、分からないところも多かったんですが、今回は"ガンダム"をめちゃくちゃ感じさせてくれたので、アナハイムが映った瞬間ほぼイキかけました。

あとさっきも言ったけど富士山。富士山最高。聖地巡礼で富士山に登ろう。

あと…あと全部!


・森マコの死
非常に…非常に悲しかったです…
パシフィック・リムの世界では森マコがぽっくり死んでもおかしくはないというか、あ死んだな。という受け入れ方も出来るには出来るんですが、森マコガチ恋オタクだったので、司令官と並んで遺影になるならもっと壮絶に死んで欲しかった。(個人の感想です。)

-2点


・制作か観客か
さて、今回の感想のメインのつもりでキーボードを叩いているエリアです。

パシリムに限らず前から思っている事でもあるんですが、ある程度知識が増えたら映画を見る時、制作の心が芽生えてくると思うんです。

例えば磯野がカミナリさん家の窓を割ってバカモ…いやいや、ここでねカミナリさんが黙って磯野が家に来るまで待つわけですよ。いやいや、磯野が懲りるように更に工夫を凝らしてジェイソンみたいなカミナリさんが出てくるのが…
と考えるのが制作の心です。

今のは演出とか脚本に関する制作の心ですが、その他の要素に関しても同じだと思います。

要するに、既に撮り終わった映画に対してこうすれば良かったな、自分ならこうするな…という見方。

このような視点を持つと、自分の考えと一致しなかった点に対する疑問がより大きくなりますが、作り手のメッセージを受け取れたと感じられた時の楽しみや、感想を語り合う楽しみが増えます。

映画オタクは少なからず制作の心を持って見るのが良いなと自分は思います。自分は苦手ですが


対して観客の心は、撮り終わった映画に対して何を思うか、スクリーンの外ではなく、スクリーンの内から映画を見ているような感覚かと思います。

例えば、また磯野がカミナリさん家の窓を割ったけど、もう分かってた事だし、流石に飽きてきた。これは観客の心です。


制作の心と観客の心は0と1の関係ではなくどちらも混ざり合っていてどちらか1つには分類出来ませんが、パシフィック・リム アップライジングは、観客の心で見ると楽しめる作品のはずです。

と、自分は思いました。


・まとめ
吹き替え版まだ見てませんが、字幕で見たし自分にはボーナスステージみたいなもんなので、感想は書いちゃっていいかなと

期待が外れた皆さんの話を見ると、パシリムに期待するもんが間違ってないか?おうちで逆シャアかショーシャンクでも見てろ。って感じです。(筆者は逆シャアもショーシャンクも好きです)

いきなり物申しましたが、焼肉寿司唐揚げラーメン定食を出す店に行って、ステーキピザカレーケーキ定食が出できた時にどのくらい不満なのか?という差が評価の差なんではないかなと勝手に思っています。

確かに焼肉寿司唐揚げラーメン定食を想像してステーキピザカレーケーキ定食が出て来てモヤらない人もモヤらない人か。

うーん
96点。うまい。
焼肉寿司だけでももう1回食べたかったな…という思いが無いわけでもないので-4点。

ネギと枝豆に学ぶマジック・ザ・ギャザリング

最近考えた事

ちょっと前は1つの事を突き詰め続ける事で得られるものに興味があって、自分はそれが出来ないからある意味憧れてたんだけど

最近、色んな事をやると、それぞれの相互作用でコツやら気付きやらが得られる事って思ったより多いんだなぁというのを実感する事が多くて

答え(やり方)は1つではないという凄く現実的なおもろくない結論が出てきてつらいなぁという今日この頃です


ゲーマーなので、ゲーム間で相互に作用する事を書いてましたが、他の思わぬ事柄→ゲームに影響が及ぶ体験が面白かったので、記録に残しておきます


・ネギと枝豆に学ぶマジック・ザ・ギャザリング

家の庭にネギ(青ネギ。細いやつ)と枝豆が生えてるんす。主に父親が世話してるので生えてるって表現なんですけど。たまに様子を見たり採ったりするんですが

ネギって相当ほっといても勝手に生えてくるし季節がかなり適当でも育つんですよね。晩ごはんの前にハサミで庭のネギを1本切って納豆に入れるくらい適当です

枝豆って一般的な農作物と一緒で、ちゃんと畝とかを作って間引きとかして肥料もやらないと育たなくて、収穫は一時期にドバっと採る感じになります。ちなみに枝豆の1年目は失敗してました。収穫の時だけ庭に来てあまりの小ささに爆笑してた覚えがあります


そんなネギを採ってるある日、横で枯れてる1株の枝豆を見て気付いた

ネギは青白コントロールで枝豆はグリクシスコントロールなんだって。

青白コンって結構4枚4枚4枚みたいリストが多くて、グリコンって1枚2枚3枚みたいな枚数がまちまちのリストが多いんです。つまりグリコンの方が選択肢が多くて構築もプレイも難しいです

構築がシンプルで勝ち筋が分かりやすい青白コンより、逆張りオタクを楽しみたい自分にとって、グリコンは華があるし、八十岡翔太が使ってるし、構築も考えがいがあるデッキで良い事づくめに見えるんです。つまり枝豆です

ただ、自分は気付いたら毎日のようにネギを採っていたわけです。ネギより美味いしうまぶれるはずの枝豆の世話をしようとは思わなかった

そして無意識にネギを採り続けて、雨が続いて切ったネギはしゃんとしてないとか、ネギは虫に強いけど枝豆はそうではなさそうとか色々な事が分かってきて、枝豆はあまり見てないけど、枝豆の事が徐々に分かるようになってきた

庭に枝豆しか生えていなかったら枝豆の事は1mmも分からなかったけれど、ネギが生えているから枝豆の事が分かるようになったという事実に衝撃を受けた。ネギより枝豆に興味があったはずなのに、だ


そして。ネギはシンプルで分かりやすい青白コンなだけではない。枯れるまで1つの株から何度も収穫出来るのだ

対して準備を重ねて1度の本番に臨むのが枝豆だ

確かにネギは脇役で、枝豆に比べて収穫の喜びもかなり薄いが、何度も収穫出来る事自体がネギからのメッセージだったのだ

まず庭に出なければ、収穫され食卓に並ぶ前の枝豆の事が分かるはずがない。

最終的に枝豆を食べたいからまず土の勉強をしよう、という事ではなくて、まずネギを植えて、毎日納豆に入れる。これが自分にとっての青白コントロールだったのだ

ここで全てが繋がり、自分はカードをやる時使いたいカードから入るのではなくて、最強デッキの中で好きなアーキタイプをコピーして始めるようになった


ネギに心はないし、父親は庭の空いたスペースにネギを適当に植えただけだし、枝豆はビールと一緒に食べたいから植えただけだ


だが、俺は今日もネギを採り、週末は青白系コントロールを持って晴れる屋に出かけるだろう


ネギが生えれば、グリコンが減る。


人間は、神にはなれない―

ゲーム日記(高気圧)

・ギルティギア
イノのこと
攻めるキャラなので攻めが安定してきて楽しい。特に低ダからの攻めは投げ暴れバクステを潰しつつ中下投げを仕掛けられるのでかなり楽しい
3特縦を端で重ねるのが鬼。今までの特縦→ホバーは流石に割り込まれてたけど、3特縦ならホバーでも暴れ潰し。ヴェノムとかファウストとかバクステ強いタイプに相当やりやすくなった

ランクマ
ランクマで練習するとやはり目の前の勝利の価値が上がってしまう(3連戦しかないため)ので、連戦を意識して早く回すか、何か自分側の動きの目標に向かって動いて行かないと、成長が止まりがち
プレマしなきゃ。

アクセル戦
強者は別にきついキャラに挙げてないんだけどむちゃきつい。ジャックと並んで1番つらい気分


・マジック(スタン)
1強デッキがいなさそうで面白い。青白サイクリングがTier2のクセして回すの楽しいし青黒系を食うのでかなり楽しい
↓つらいデッキ↓
赤アグロ系統→副陽より更に序盤が脆いため。
青白王神→クロックがあるくせにリソースが多いのでつらい。賞罰の天使が超ゲロ。

黒タッチでスカラベ入れてみたけど、相手がサイド後警戒で残すのが侮辱排斥墓地追放とかスカラベにも刺さるものばかりなので微妙に感じる。青白にして廃墟の地とかイプヌとか取って、二の矢は副陽が良さそう

二の矢が必要なのはカウンターが弱めで、たまに撃たれる失われた遺産でドレイク抜かれると文字通り負けるため
ネザールは強いけど3枚ってコストが大きい。ネザールブリンクドレイク生成コンボはやりたいけども


・シャドバ
ドロシーで雷、デストロ、土ありなし、ギガキマと色々形があって悩む。

多分大会だとヴァンプエルフロイヤルとかの速い謎デッキがいないからどっしり捌くギガキマ型が強いのかなーと想像したり。
というわけでランクマ民は土ありギガキマ1のオーソドックス寄りを使用中。無謀ドラゴンがクッソきつい。相手の2点スイープまでに並べられないとまけ。

最近実感してるんだけども、MP5000以上くらいになるとほんまにアホが減って上がり方が目に見えて遅くなるから、序盤のペースで計算してると月末痛い目に遭う。遭った。


・デレステ
Mas全曲フルコン目指して走り始めたが、ボス曲たちがマジできつい。携帯ゲーム民ナメててすまんって感じ。
有料リハーサル実装で喜んでる人たちマジで意味分からんかったけど、こんだけ1曲で躓くと気持ちが分かる。デレステのLIVEは作業とか思ってた俺も無料リハーサル3回使うくらいキレそう。


・マキオン
ゲーセン行くとドラマニとこれしかお金落とすところがないのでたまにやる。
ヴァサCS、上手く使えるようになれば世界変わるんだろうなぁ。というかCS→サブとかCS→メガソニ追加ってそういう事だもんなぁ…

・BBTAG
まてない。


・死
ちょっと前まで、死の恐怖を克服するには死を意識しないのが1番と思っていたんだけど、やっぱり自分は物事を考える上で死をない事にするのは無理なもよう。
度々言っているつもりの「自分が考えた事は誰かしらが先に考えている」に則って、陰人間たちがどうやって恐怖を克服したのか、調べたい方面を調べたら、宗教による救済とか他のもっと大きな怒りとかそういうエネルギーで塗り替えるとかが見つかった。

自分に宗教による救済は向いてなさそうだから、大きなエネルギーで塗り替える方に行きそう。
ただ現状平和的で大きなエネルギーは見つからず。

んで話は飛びまして、自殺防止のお電話を受けてた人の話で面白かったのが、「夢でも有り得なくてもなんでもいいから自殺以外に望みはあるか?」という質問をして、何かが返って来る人は自殺しない、もしくはする瞬間に後悔する。が、その質問で「望みは何もない。今すぐに死ぬ。」という返答をする人が1番危ないそうだ。
確かに言われてみればそうなのか…?

この話と合致するのは、人間に未来は存在しない(別に哲学的な話はしていない)、今が全て、という考え方。何かそういう論があった気がするけど知らないのでその話はしない

不思議な話だけども、今死にたいという人は、今が物凄く満たされているわけだ。
今行動して、結果はすぐに分かる。気分は全く分からないけど、すぐゴールするわけだし本人的には完璧だろう。外から考えるとモヤらざるを得ないけど

という事で一気にスケールを落として、三日坊主で有名な自分はどうするかと考えた時に、やっぱり今したい事をし続けるところに戻ってくるんだなぁと思いました。
やっぱり目的を決めてそれに向かって何かを為す人が多いし、それに倣ってたけども

「将来」っていう言葉は小さい頃から刷り込まれてるというか今も刷り込まれ続けてるわけだし、将来って考え方を無くすのは無理かなぁと思うけど、どちらにせよ「将来」ルートじゃなさそうだなぁと思うことが多いし、「今」ルートに入ってみたいなぁと思う高気圧の今日
プロフィール

ひふみ

Author:ひふみ
遊戯王を頑張っていた跡地
現在は主にアーケードゲーム等の日記を付ける場所。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
P4U (1)
検索フォーム
リンク
ついったー。
 
バナーがあった。