FC2ブログ

ミラフェスその1(Xからの挑戦、ライブ いっぱい!、滑落する煌き、痛哭)

ここはブログなので本当の感想を残しています




・Xからの挑戦
特に縁はないんですが、続き作る系のオタクの妄想を読みたかったので

マンガが本当にお上手。描きたい事ばっちり響きました。多分

もうSideMほんと何も"やらない"んだから~!同人はやってもいいよ~!(床を転がる患者)


・ライブ いっぱい!
マブダチの本なので

まさかの絵本。チャレンジって素晴らしいですね。

海とオバケの回は格段に良いですね。絶対気合入ってる。(当社比)
何度も読める同人誌、個人的にとても良いです


・滑落する煌き
りょなけっとでペーパーもらった方が寄稿していたので

いやもうすげーの描く人がいて…後で調べてたら個人でも出されてましたね…
こういう出会いがあるからアンソロっていいですね…
正直なので書きますが漣の人と想楽の人ですね…

アルテありがとうございます…謝謝


・痛哭
多分これから本に関係ないよくわからない事を言う可能性があるんですけど、最初に大前提としてまずめちゃくちゃ良かったです

これは友人に勧められて装丁もカッコいいしピンと来て買ったんですが、いや本当にみんな愛を描きたいんだなって(あとハイジョすげー人気だなって…確かに似合うけども)
そりゃそうだよSideMだもん。愛に溢れているものを描きたくなるよ。ちょっと人が死んだりするだけでさ

話の好みとしてはドラスタの話とアンドロイドの話が好きですね。
総合点はドラスタのやーつですね…キャラクターが全く損なわれていないように思えるし、何というか偶然の対比だけど若者の物語ではこうはならないよねみたいな

正直2ユニットともあまり詳しくないんですけど、自分の思うアイドルたちそのものに凄く近いかなーと…


文字通り先っぽだけですが、R-18のそれ用に描かれた♂×♂描写に触れるのは初めてで、BL文化が女性が楽しむためのエロって本当だなーと悲しい物語の傍ら考えたりしました

確かに男だけど、完全に女性のエッチですもんね。女性向けのAVが浮かびました

男性向けって一般的な概念でエロシーンやるとなかなか本筋と地続きにならないんですよね。エロゲーのエロいらなくね?みたいなやつ(いる作品もある)

その点女性向けって常に前戯(過激思想)なわけだから何そのおいしい構造だけ分けてくんねーかな、って思いました。


あと真にリョナに求めているものは恐怖なので、ちょっと買い物をミスりました。正直に言いました。

でも凄い貴重な体験と感想が生まれたのでとても良いミラフェス参戦になりました。勇気を出して行った甲斐があった。

小説が5冊くらい残ってるので読み終わったらまた。

ミスター・ガラスの感想(短)

メモ

好きな作品だった。というか好きなメッセージだった。
コミックやヒーローで信仰の話をしてあんな終わり方とは…

画が派手でない事もあり、途中物足りなさというか退屈さはあった。
が、これは我慢できず自分が前作を見ずに行ってしまったせいだろう。少なくともスプリットは何かのタイミングで見たい。やらかし。すまん。


ガラスが死んで、砕け散って、鏡のような破片が皆の元へ。

いや~これがイライジャの体が弱い理由が前作でガッツリ語られてるんだろうから本当にやらかし~~~

誰かが、普通に見て100点、前作見てれば5000兆点って言ってたから4999兆うんぬん点の損失~~


おわり

スマブラSP1ヶ月目 ルキナの感想

・6Aがジャンプ、暴れ潰し、置きに使える上に後隙が少ないので、困ったら振っていけてしまう

・JNAが空対空で最強すぎる

・リーチ(五分状況では実質発生が速い)で殴り合いを制しているので、五分状況での読み合いを理解してしない可能性がある

・バーストが横スマか、弾き出して上から復帰に空攻撃しかない状態

・崖捕まり阻止が実質ない

・投げが減らない

・ガーキャン上Bがそこそこ使える(上スマは使えない)

・飛び道具戦への回答がない


使ってみたいキャラは、飛び道具持ち、崖捕まり前に読み合いを仕掛けられる、バースト手段に投げや空後ろがある、復帰が強めである

らへんだろうか。目を付けているのはシモン、オリマー、ゼロサムだが取り敢えず最低でもVIPには行かないと…

メメントの感想とある人の映画の見方について

クリストファー・ノーラン監督のメメントを見た。ちょっと調べると難解な映画、と言われていて身構えたけど特に問題なかった。こないだのリズが1回でよく分からなかったのは向いてなかっただけだろうか。

ネタバレはします。


あらすじは、

ある日、自宅に押し入った何者かに妻を強姦され殺害された主人公・レナードは現場にいた犯人の1人を射殺するが、犯人の仲間に突き飛ばされ、その外傷で記憶が10分間しか保たない前向性健忘になってしまう。

復讐のために犯人探しを始めたレナードは、覚えておくべきことをメモすることによって自身のハンデを克服し、目的を果たそうとする。出会った人物や訪れた場所はポラロイドカメラで撮影し、写真にはメモを書き添え、重要なことは自身に刺青として彫り込む。しかし、それでもなお目まぐるしく変化する周囲の環境には対応し切れず、困惑して疑心暗鬼にかられていく。

果たして本当に信用できる人物は誰なのか。真実は一体何なのか。(wikipediaより)


クリストファー・ノーランの映画は「ダンケルク」だけ見た事あるんだけど、なるほど時間の魔術師と呼ばれるわけや。

作品内の時系列で未来側のシーンから始まって徐々に過去に遡っていく形で結末を迎える。主人公の過去の記憶のシーンも挟まっていて、これも結末に大きく関わってくる。

この構造だけでも結構面白い。感動出来ないし謎ばかりですっきりしないこの映画を退屈せずに見られたのはこのトリックのおかげなんだろうなぁ



結末は、凄く大雑把に言ってしまうと、主人公は自分が何者なのかも分からない状態で生きていくために、自分の肌に彫った刺青(唯一覚えている手がかり、前向性健忘の人間にとって信念のようなもの)つまり妻への復讐だけを続けるために、過去を都合よく改竄し、レイプ犯をでっちあげ、ただ復讐を続けていく、というもの


感想は、映画としてとても面白かったし、トリックも良かった。けれど自分は物語があって感情移入出来るキャラを見つけたり、エンタメを見て感動する方が好きなので、まあ普通の映画だった。という感じ。


それに対して弟はわかる。といいつつ、2つの事を話してくれた。

1つ目は、弟は暗黒小説が好きで、物凄く賢いけれど本能的に動くキャラクターたちの物語が好きなのだという。
ただ、それは起こる出来事の面白さと引き換えに、感情移入が出来ない事も意味している。
本能的というのは言い換えれば場当たり的で、しばしば信念や目的のために行動しないからだ。

メメントは、終わってみると主人公レナードは場当たり的に行動していて、信念もクソもない。
つまり終わってからレナードに何か感想を持ったり、映画からメッセージを感じ取る事は出来ない。そもそも映画内で描写されていた事の殆どはレナードが自分で作り上げた幻想だし、レナードは最後までそこから出てこないし、外の世界ではただレナードが連続殺人を犯しているだけだからだ。

という内容なんだけどメメントが少し凄いのは、途中レナードやサミーの妻やナタリーに少し感情移入してしまう事で、完全に「全部レナードの妄想かよ」で感想が終わらない点が凄い。との事。

自分が見た映画が少ないのでその事実だけでスゲーー!とはならないが確かにその通りだ。見ている途中は完全に精神異常者とうまぶり構造映画を見ている気分ではなかった。


2つ目は、この世に存在するメッセージなんてたかが知れてるので、メッセージ性や人間の物語で映画を見ていると同じものばかりを見る事になって飽きる。だから、メメントのように映画の構造や作品の完成度に着目すると面白く映画を見られるという。

確かにその通りだ。アンテナを張ってないとなかなかそのような映画には会えないが、説得力ありまくりだ。弟は自分の6つ下だけど自分より映画を楽しんでる。

これに対しては同意しつつ、そもそも感動するものなら何でも良いというのが自分の考えなので、人生哲学を語る映画に飽きたら今度は別の刺激が強い映画を見るだろうし、それにも飽きたら映画をあんまり見なくなるだろうなとも思う。


最近の結論は時代に合わせていつも同じだ。信頼出来るオタクと友達になり、良い映画を知ろう。

おわり。

映画を1回見て内容を分かっていない事が多いのが不安な話、リズ3回目

リズと青い鳥の3回目を見ました。

見る前にfani通のnagさんのコメントがとても良かった。彼は分かりやすくて的確なコメントをするので本当に素晴らしいと思う。

見終わってただ立ち尽くすことしか出来ないのだ(かなり略)


で、3回目を見た感想なんですけど、今回は映画の感想とはちょっと違って、自分の映画を見る際に感じる不安と、リズと青い鳥の一部から派生した全然関係ない話を適当にします


・映画を見て、どういう流れで何が起こったのか理解していない事が凄く多い

リズと青い鳥を例にすると1回目見た時、みぞれから見て希美が勝手にどこかへ行ってしまう(ところだった)事は分かりましたが、希美がみぞれを自分の手の届く範囲に留めておきたかったという事は全くと言っていいほど分かりませんでした。

シーンで言うと、希美が新山先生に話しかけるところと、意味ありげに(あるんですが)某ベンチに1人で座ってかごの開け方を教えたのですか?と呟くシーンの意味はほぼ分かりませんでした。

見終わって落ち着いて時間を置いて2回見る事でようやくお話の全容が分かりました。

何見ても結構いつもこんな調子で、ただの訓練不足なのか、自分の特性由来だったら何か損だなーと思って不安が爆発して今に至る

皆さんはこまけぇ事は置いといて、例えばリズと青い鳥で何が起こってるのか普通は1回で分かるものなんでしょうかね



・リズ3回目

そんなこんなで3回目にしてようやく自分の感想を持って見れるくらいになった気がして、そしたら1回目はみぞれ頑張れ~~!!何を??って感じだったけど、今回は希美がもうすげーかわいそうで、多少の差はあれどそういう順序で見てしまうようになってる気もするけれど



何か長い文書いてたんですけど面倒だし、リズは凄い作品なので思い切ってまとめると、希美がみぞれに執着していると言い表すのは何か自分にはしっくり来なかった

自分の見えていた世界に突然ヒビが入った感じで先に進むぞ~っていうみぞれと、色々な人に囲まれて(支えられて?)立っていたのに近くにいた親友が届かなければ見えすらしないところに行ってしまう希美って見方をしたら、当然希美は暗い気持ちになるし、それは執着じゃなくて恐怖とか不安ですよね…?って思いました。

リズはあまり誰かに注目して誰々カッコ良かったな~みたいな作品ではないと思いながらも

という話でした
プロフィール

ひふみ

Author:ひふみ
遊戯王を頑張っていた跡地
現在は主にアーケードゲーム等の日記を付ける場所。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
P4U (1)
MTG (3)
WLW (4)
検索フォーム
リンク
ついったー。
 
バナーがあった。